鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
NBDL2015-16第17節最終日
レノヴァ、後半離され9連敗

 男子プロバスケットボールのナショナルバスケットボール下部育成リーグ(NBDL)2015―16第17節最終日は3月13日、全国各地であった。レノヴァ鹿児島は千葉・船橋アリーナで大塚商会と対戦。72―96で敗れ、9連敗となった。
 第1ピリオドを28―22とリードし、積極的なプレーを随所に見せて上々の立ち上がりだった。第2ピリオド以降、主軸の1人・安慶が負傷で思うようにプレーができない中、前半は45―46の1点ビハインドと粘った。後半は地力に勝る相手に離され、大差がついた。
 レノヴァの通算成績は4勝30敗で最下位。第18節は19、20日にあり、レノヴァは鹿児島市の鹿児島アリーナといちき串木野市の総合体育館で豊田合成と対戦する。

 レノヴァ・鮫島俊秀ヘッドコーチ
 きょうの「負け」を「惜しむ」気持ちはない。前日の不出来を全て修正し持てる力を出し切れた。最後の1秒まで手を抜かないレノヴァのスタイルが相手を脅かし、観客の心に届いた。今季初めて3ポイントの試投数が相手を上回り、成功率が互角になった。ルーク以外の得点源に光が見えた。

◇第17節最終日
レノヴァ鹿児島 72-96 大塚商会
(28-22、17-24、13-24、14-26)


※公式スコアはこの文字をクリック!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/1750-21978d0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック