鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
16年度第1回県陸上記録会
松谷(鹿銀)が69m63
女子三段跳びは田中(鹿児島高)が制す

160416-1男子やり投げ_035

160416-2女子三段跳び_035
 2016年度第1回県陸上記録会第1日は4月16日、鹿児島市の県立鴨池陸上競技場であった。
 男子高校・一般やり投げでは昨年の日本選手権5位の松谷昂星(鹿児島銀行)=写真上=が69m63を投げて優勝だった。女子高校・一般三段跳びでは田中亜季(鹿児島高)=写真下=が11m43で制した。男子高校・一般四百では地頭所和希(志学館大)と折田歩夢(甲南高)が激しく争ったが、地頭所が競り勝った。男子百は山口竜哉(山口農園)、女子百は大山瑞希(国分中央高)がそれぞれ頂点に立った。
 最終日は17日、霧島市の国分運動公園陸上競技場である。


※記録の詳細はこの文字をクリック!
160416-3男子百_035
男子百 ①山口竜哉(山口農園)10秒86 ②折田歩夢(甲南高)11秒20 ③伊藤貴祥(鹿大医歯学部)、福永誠之助(鹿児島南高)11秒21

「夢は若いうちに…」
山口

 社会人初レースに挑んだ山口のタイムは-2.3mの悪条件の中で、10秒86。「まずまずの出来だった」と振り返った。男子百は最終組のレース直前に緊急地震速報が出て、スタートが待たされるアクシデントはあったが、集中を切ることなく貫禄の走りで、ただ1人10秒台の記録を出した。
 鶴翔高時代は無名だったが、城西大で急成長し、大学3年の関東インカレでは10秒34の好記録をマークした。自己ベストは10秒28。卒業後の進路は陸上競技を続けられる環境を求め、故郷で頑張る道を選んだ。家業の養鶏場で仕事をしながら、出水市の陸上競技場で夕方練習する。ナンバーワンクラブの宮崎博文氏らの指導を受けながら1人で練習しつつ「地元の子供たちの手本になれれば」との思いもある。
 レベルの高い大きな大会にも出場できるよう家業の「山口農園」を実業団登録。登録は5人以上の所属選手をそろえなければならず、父親や祖父ら家族を選手登録してチームとしての体裁を整えた。「自分が活躍することで『山口農園』の名前を少しでも広めたい」と笑う。
 大学4年の冬季は、東洋大に足を運び、日本人初の9秒台を目指す桐生らと一緒に練習した。「桐生のスタートの仕方を学んで、お互い良い刺激になった」。桐生の存在を意識しており「彼は向かい風の中でも10秒24を出した。このぐらいのコンディションでも10秒4-6ぐらいのタイムは出せるようになりたい」と冷静に分析する。
 大きな夢に掲げるのは4年後の東京五輪。「夢は若いうちにしか叶えられない。歳をとってからではできないこともありますから」。今年のリオ五輪の可能性もゼロではない。「10秒1台を目指し日本選手権をとる」ことを今年の大きな目標に掲げ、夢への挑戦の一歩を踏み出した。

160416-4男子やり投げ_035
男子やり投げ ①松谷昂星(鹿児島銀行)69m64

「不完全燃焼」な社会人デビュー
松谷

 昨年の日本選手権5位、74m34の自己ベスト記録を持つ松谷にとっては「不完全燃焼」な社会人デビュー戦だった。
 71m59の県記録を持つ笠野真樹は九州共立大の1つ上の先輩。風は追い風で得意とするコンディションだったが「先輩の記録を超えようと意識しすぎて動きが硬くなった」と反省する。
 身長180センチ、85キロ、島根出身。卒業後も競技を続けられる場を進路として考える中、九共大の恩師の紹介もあり、4年後に国体を控える鹿児島で、鹿児島銀行の所属選手として活動する道を選んだ。平日はフルタイムで仕事をして、鴨池や鹿児島大のグラウンドを拠点に練習。鹿児島で競技をするのは昨年6月にあった九州インカレ以来という。まずは新天地での生活のリズムを作ることが先決で「練習量は学生時代の半分」と苦笑する。
 日本の男子やり投げ界は、09年世界選手権銅メダリストのベテラン村上幸史(スズキ浜松AC)が長年けん引し、新井涼平(同)やディーン元気(ミズノ)ら若手が台頭してきたが、それに続く位置に松谷もいる。「今、大学生が元気で力をつけている選手が大勢いる。自分もそれに負けないよう、まずは80m台の記録を目指す」と社会人1年目の意気込みを語っていた。

160416-5女子三段跳び_035
女子三段跳び ①田中亜季(鹿児島高)11m43 ②川島杏純(同)11m36

 田中
「県高校記録の更新を目標に11m60を跳びたかったけど、達成できなくて悔しい。今まで大会に出るたびにベスト記録を更新していたのに初めて更新できなかった。いろんな部分が少しずつかみ合わなかった。最後の6本目に一番良い記録が出せたのと、6本中5本11m台が出せたのは良かった。1つ下の川島さんに4本目で逆転されたけど、それで逆にスイッチが入った。部内のライバルだけど、川島さんの記録が良い方が自分にも刺激になる」

160416-6女子百_035
女子百 ①大山瑞希(国分中央高)12秒77 ②篠原愛海(鹿児島女高)13秒06 ③鮫島姫乃(甲南高)13秒09

160416-7女子四百_035
女子四百 ①佐野亜衣(鹿児島女高)59秒88 ②古屋敷光(川内高)60秒29 ③鮫島姫乃(甲南高)60秒46

160416-8男子四百_035
男子四百 ①地頭所和希(志学館大)49秒33 ②折田歩夢(甲南高)50秒04

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/1785-a7999de9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック