鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
16年度第3回県陸上記録会
鹿児島南高A、マイルを制す!
田中(鹿児島高)は2冠・女子走り幅跳び

160503-1男子マイル

160503-2女子幅跳び
 2016年度第3回鹿児島県陸上記録会は5月3日、鹿児島市の県立鴨池陸上競技場であった。
 男子高校・一般千六百リレーは鹿児島南高Aと鹿児島大Aが激しくデッドヒート=写真上=を繰り広げたが、鹿南高Aが0.03秒差の3分21秒73で競り勝った。女子高校・一般走り幅跳びは田中亜季(鹿児島高)=写真下=が5m71で制し、第1回記録会の三段跳びと合わせて2冠を達成した。一般高校障害は男子が岩切亨生(国分中央高)、女子は川島杏純(鹿児島高)がそれぞれ制した。


※成績の詳細はこの文字をクリック!
160503-3女子幅跳び_035
女子高校・一般走り幅跳び ①田中亜季(鹿児島高)5m71

「追い風」に苦戦
田中

 5月らしからぬ強風に苦戦を強いられた。一般的に追い風はプラスに作用するとされているが、5mを超える強風が終始吹いていて「立っているのもきつかった」(田中)という。
 助走から踏み切りまでの微妙な感覚の調整に戸惑った。1本目は「しっかり合った」と思っていたがファール。踏み切り板をわずかに踏み越えてしまっていた。2本目は慎重に跳ぶも消極的になりすぎて4m94。これではベスト8にも残れない。残る1本でしっかり記録を残さなければここで終わってしまう。
 後がない状況に追い込まれたが「手前で踏み切っても空中動作でカバーすれば、距離は稼げる」と開き直り、3本目で5m47を跳んで一気にトップに立つ。これで力みが取れた田中は「どうせ追い風参考記録だから、ファールを気にせず5m80を跳ぶぐらいのつもりでやってみろ!」と中江寿孝監督の檄に応え、決勝の3本は5m63、62、71と安定した力を発揮した。

160503-4男子高跳び_035
男子高校・一般走り高跳び ①山中亮磨(鹿児島陸協)1m95

社会人でもやれることを示す!
山中

 風雨にさらされた厳しいコンディションの中で、社会人1年生の山中が頂点に立つことはできたが「やりたいことが全くできなかった」と悔しがった。
 2月の冬季練習中に踏み切り足の右足を肉離れ。練習がほとんどできず、距離を縮めた中助走にして「楽しむつもりで2mが越えられれば」と目標を語っていたが、1m95を2回失敗。3本目で辛うじてクリアしたが、2mの1本目で足がつってしまい、記録を伸ばせなかった。
 鹿屋体大卒業後は教員採用を目指し、中種子養護学校で期限付き教員をしながら、競技も続けている。「2020年鹿児島国体を競技人生の集大成」に定め、社会人1年目は「自分の高跳びを一度壊すこと」から始める。これまで身に着いたものを1回リセットし、必要なものとそうでないものを整理して、更なる高みを目指す。3月には1週間、千葉と神奈川に出かけ、高跳びの実績のある指導者の下で武者修行した。
 「社会人デビュー戦」は不本意な結果に終わったが「社会人でもやれることを示す」と闘志をかきたてていた。

160503-5女子100H_035
女子高校・一般百障害 ①川島杏(鹿児島高)15秒73 ②篠原愛海(鹿児島女高)15秒82

160503-6男子110H_035
男子高校・一般百十障害 ①岩切亨生(国分中央高)15秒60 ②西方竜太郎(鹿児島アスリートク)15秒89

160503-7男子5000競歩_035
男子五千競歩 ①田中大基(鹿児島商高)22分12秒52 ②高橋宏敬(鹿児島大)22分28秒06

160503-8女子5000競歩_035
女子五千競歩 ①帖佐有美(国分中央高)26分29秒45 ②大脇絵里奈(鹿児島南高)27分12秒10

160503-9男子3000SC_035
男子高校・一般三千SC ①波平憲人(鹿屋体大)9分30秒42 ②中園陸人(志学館大)9分33秒84

160503-10女子マイル_035
女子千六百リレー ①鹿児島女(迫田、篠原、東、佐野)4分0秒12

160503-11男子マイル_035
男子千六百リレー ①鹿児島南高A(児玉、松元、竹之内、藤崎)3分21秒73 ②鹿児島大A3分21秒76

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/1805-084e5426
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック