鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
奄美春秋



※管理人が奄美新聞に書いたコラムです。

 男子バスケットボール日本代表の長谷川健志ヘッドコーチが、鹿児島の国体候補選手を指導するというので取材に行った。長谷川さんには昨年末にインタビューして、バスケットや人生に対する哲学を聞いたが、今回は指導する現場を生で見られるという実に贅沢な時間を過ごした。
 サッカーで例えるなら、ハリルホジッチ監督が鹿児島の選手を指導するためにやってくるようなものである。鹿児島出身で、現在他県で指導しているある指導者は「こんな機会は自分がいる県では考えられない」と驚いていた。
 「バスケットは運動能力でやるものじゃない」と長谷川さんは言う。例えばスピードなどフィジカル的な能力は、日本代表の選手と鹿児島の選手と、そう大きな違いがあるわけではない。大切なのは相手との駆け引きや、ボールを持っていない状態でいかにして味方がフリーでシュートを打ちやすい状況を作るかなど、プレーの「引き出し」をより多く持つこと。フィジカル能力で世界に劣り、長く低迷していた日本代表を率いて、世界でどう戦っていくかを考え、試行錯誤していく中で導き出した方向性だ。
 自分よりも上の相手に挑んでいくことや、地味で泥臭いことでも、最後まで徹底してやることなどの大切さも説いていた。バスケットの専門的な話は分からなかったが、根本にある哲学は明確であり、人生のあらゆる面で応用できると思った。
スポンサーサイト

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/1815-e472e517
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック