鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
16県高校総体・陸上第1日
大上(国分中央)、V2!・男子走り高跳び
田中(鹿児島)、女子走り幅跳び制す

160525-1男子高跳び_035

160525-2女子幅跳び_035
 2016年度鹿児島県高校総体陸上第1日は5月25日、鹿児島市の県立鴨池陸上競技場であった。
 男子走り高跳びは大上拓海(国分中央)=写真上=が2m01で昨年に続いて2連覇を勝ち取った。田中亜季(鹿児島)=写真下中央=は前回覇者の川島杏純(同)を抑えて5m59で女子走り幅跳びを制した。首位が目まぐるしく入れ替わった男子千五百は森海翔(鶴翔)がラスト200mからのスパートで勝利した。
 第2日は26日、同会場である。


※記録の詳細はこの文字をクリック!
160525-3男子1500_035
男子千五百 ①森海翔(鶴翔)4分1秒60 ②石山大輝(指宿商)4分2秒06 ③志水佑守(同)4分2秒21

会心のレース

 男子千五百決勝は、ラスト200mでスパートをかけてトップに立った森が自己ベスト記録で優勝。会心のレース運びに思わず両手を挙げてガッツポーズが出た。
 各選手の力が拮抗し、大きな集団になりながら、首位が目まぐるしく入れ替わった。森は3、4番手につけてスパートの機会をうかがう。1000mのラップが3分47秒。「設定より10秒遅かったけど、スローペースなレースなら得意のラストスパートで絶対勝てると思った」。日ごろの練習でもラストスパートだけは誰にも負けない意気込みで重点的にやっていたので自信があった。ラスト200mからギアをトップにして前に出て、思い描いた通りのレースができた。
 自己ベスト記録ではあったが「4分が切れなくて残念」とも。「南九州では3分台の記録を出したい」と意気込みを語っていた。

160525-4男子高跳び_035
男子走り高跳び ①大上拓海(国分中央)2m01
160525-5男子高跳び_035
②久保木春佑(鹿児島)1m95
160525-6男子高跳び_035
③加治屋圭大(同)1m92

出来は「60点」
大上

 前回覇者の大上がただ1人2mを超えたが「出来は60点、2m05を跳びたかった」と辛口評価だった。
 調子が良くて公式練習でも1m90以上が楽に跳べていたので、スタートを1m92に設定。難なくクリアしたが、次の1m95を2本落としてしまう。「2本目はふわっと浮いたけど、空中動作をミスして」バーを落とした。3本目を落とすと、1本目でクリアした1つ下のライバル・久保木の後塵を拝することになってしまうが「今まで応援してくれた人への感謝の気持ちを込めて」3本目でクリア。その勢いで1m98、2m01を1本目で跳び越え、2m01が越えられなかったライバルに競り勝った。
 ようやく調子づいて、自己ベスト2m03を超えようと2m05にチャレンジしたが、3本目で越えられそうな手ごたえがあったがまたも空中動作のミスでクリアできなかった。「雨の中の試技で、気を付けるポイントはしっかり意識しながらやれた。南九州では沖縄に身長が同じくらいで全国ランキングトップの選手がいるので、彼に負けないようにしたい」。

160525-7女子幅跳び_035
女子走り幅跳び ①田中亜季(鹿児島)5m59
160525-8女子幅跳び_035
②川島杏純(同)5m51
160525-9女子幅跳び_035
③原田里加(甲南)5m44

「優勝、うれしい」
田中

 自己ベスト5m72からすれば不完全燃焼の記録だったが、「記録は別にして、優勝できたことはうれしい」と田中。昨年は南九州で優勝したものの、県では後輩の川島に負けており、初めての県総体優勝はうれしい出来事だった。
 決勝は「大きな流れを作る1本目に集中」して5m51。2本目は5m47だったが-0.2mの向かい風の中では悪くない出来だった。調子を上げていきたかった中盤だが「力が入りすぎてしまって」伸び悩む。残り少なくなって「何も考えずに跳んだ」5本目は-0.2mの中で5m59と一番いい感触で跳べた。
 前回覇者の川島は5m51どまりだったが、午前中の予選では5m57のシーズンベストが出た。このところハードルにも取り組んでいる分、幅跳びが伸び悩んでいたが「亜季先輩が最後の大会なので気持ちが入った」。田中も「杏純の調子が良い方が自分も刺激になってお互い高めあえる」と歓迎する。前回の南九州でも1、2フィニッシュした2人は更に高いレベルで上の舞台を目指す気持ちを固めていた。

160525-10女子400_035
女子四百 ①佐野亜衣(鹿児島女)58秒09 ②小牧空(鹿屋)58秒89 ③曽田陽菜子(鹿屋)58秒96

160525-11男子400_035
男子四百 ①松元泉来(鹿児島南)49秒11 ②児玉粹(同)49秒73 ③藤崎圭祐(同)49秒74

160525-12男子5000W_035
男子五千競歩 ①白尾隼(鹿児島商)23分22秒50 ②若杉恵太郎(同)24分1秒66 ③古市永遠(種子島中央)24分11秒16

160525-13男子砲丸_035
男子砲丸投げ ①小川智之(鹿児島南)13m73
160525-14男子砲丸_035
②田中洸成(同)12m56
160525-15男子砲丸_035
③榎田賢人(伊集院)11m79



スポンサーサイト

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/1826-17f657e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック