鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
奄美プラム、初出荷(奄美新聞掲載)
プラムきっかけに「安心・安全」を発信
制限区域解除後初のセリ

160604プラム03_035
 JA鹿児島県経済連は6月4日、鹿児島市東開町の中央卸売市場青果市場で、奄美プラム(すもも)の初セリ会・宣伝販売会を実施した。昨年、奄美大島でミカンコミバエが侵入し、果樹品目の移動制限区域となって以降、初の出荷、セリとなり「プラムをきっかけにして、奄美産農産物が安心・安全であることを全国にPRしたい」(伊集院幼・大和村長)と関係者は意気込んでいた。

 ミカンコミバエの侵入によって昨年12月13日以降、農水省によって島内全域が、移動制限対象品目の島外移動制限区域に指定されていた。4月27日に制限区域が解除され、移動検査を受けて合格した商品の島外移動が可能になった。6月に出荷のピークを迎えるプラムが、他の品目に先駆けて島外市場に出荷されることになった。
160604プラム02_035
 「生産者の皆さんはやきもきしながらこの日を待ちわびていた」と伊集院村長。「これをきっかけにして、奄美大島の良いもの、美味しいものを島外の人に届けていきたい」と産地からのメッセージを伝えた。伊集院村長や伊藤祐一郎知事、市場関係者らで試食した後、早速セリが始まった。
160604プラム04_035
 今回は1箱3キロ、26ケースが持ち込まれ、3L4000円、2L3000円などの値段がついた。昨年が3L3000円だったので県経済連園芸事業部果樹花き課の妙圓園毅課長は「品質が良かったのと、産地に頑張ってほしいという気持ちが込められていたのでは」と話す。6月上旬から下旬にかけてプラムは約20㌧が出荷される予定。この内半数の約10㌧が鹿児島市場に出荷される。中央卸売市場青果食品協同組合の栫井健一郎理事は「味は例年と変わらない」と試食の感想を話し「店先では興味を持った人に試食を勧めてみるなどで、PRしたい」と話していた。

スポンサーサイト

テーマ:鹿児島 - ジャンル:地域情報

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/1840-358e590f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック