鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
球夏2016第7日
川内商工、劇的逆転サヨナラ勝ち!
160712川内商工サヨナラ勝ち_035
【2回戦・鹿児島玉龍―川内商工】9回裏川内商工一死満塁、代打・石走の一ゴロの間に三走・迫田が生還、サヨナラ勝ちを決める=県立鴨池

 第98回全国高校野球選手権鹿児島大会第7日は7月12日、鹿児島市の県立鴨池、鴨池市民、両球場で2回戦6試合があった。

詳細な観戦レポートと写真は「高校野球ドットコム・鹿児島版」に掲載!

第7日の結果報告はこの文字をクリック!
鹿商―鹿高専戦はこの文字をクリック!
鶴丸―国分中央戦はこの文字をクリック!
種子島―明桜館戦はこの文字をクリック!
志布志―鹿中央戦はこの文字をクリック!
鹿玉龍―川内商工戦はこの文字をクリック!
樟南二―甲南戦はこの文字をクリック!

※鹿商―鹿高専戦の熱戦フォトグラフはこの文字をクリック!
※鶴丸―国分中央戦の熱戦フォトグラフはこの文字をクリック!
※樟南二―甲南戦の熱戦フォトグラフはこの文字をクリック!


◇12日の結果
・2回戦(県立鴨池)
志布志 6-3 鹿児島中央
川内商工 8-7 鹿児島玉龍
甲南 10-0 樟南二(5回コールド)
・2回戦(鴨池市民)
鹿児島商 3-1 鹿児島高専
国分中央 14-0 鶴丸(7回コールド)
種子島 8-4 明桜館

◇13日の試合
・2回戦(県立鴨池)
9:30 沖永良部―鹿児島城西
・3回戦
11:50 徳之島―樟南
14:10 指宿商―種子島中央
・2回戦(鴨池市民)
9:30 神村学園―蒲生
・3回戦
11:50 鹿児島実―枕崎
14:10 霧島―池田

「仕事」ができた
鹿児島商・朝謙太一塁手(龍南中卒・熱球譜・奄美新聞掲載)

160712熱球譜・鹿商_035
 2番、一塁手で先発出場し、2安打1盗塁1犠打と活躍。「仕事ができた」と喜んだ。
 初回の初打席で三振に倒れ、悔いが残った。1点先制された直後の三回、送りバントを決め、5番・桐原星の逆転適時打をアシストした。
 「バントを決めて、自分の役目が果たせた」ことで気持ちが乗る。五回の先頭打者では2ストライク追い込まれながら、フルカウントまで粘り、右前打で出塁。4番・中島の左前適時打で3点目のホームを踏んだ=写真左=。七回にも中前打を放ち、二盗を決めた。得点にはつながらなかったが、チームの攻める姿勢を示すことができた。
 雨のため初戦が4日伸びた。なかなか野球ができず「試合感覚がなくなりそうだった」がモチベーションを維持して初戦に臨むことができた。
 大島の大山竜生主将とは龍南中時代のチームメート。互いに勝ち上がっていけば、4強を掛けた準々決勝で対戦することになる。そこで直接対決できるのを、楽しみにはしているが、何をおいても自分たちが勝たなければ始まらない。3回戦の相手は国分中央に決まった。「強い相手だけど、次の試合も絶対に勝つ!」。

3年生の意地に託す
樟南二(奄美新聞掲載)

160712樟南二・三盗_035
【2回戦・樟南二―甲南】4回表樟南二二死一二塁、二走・新田(右)が三盗を決める=県立鴨池


 樟南二・泊和馬監督は「きょうの勝負所は4人の3年生に託していた」と言う。
 初回、甲南に集中打を浴び、9点を失ったが「エース迫田に踏ん張って欲しかった」と替える気持ちはなかった。打たれたボールは「攻めた球だった」とエース迫田帆孔飛主将は言い切る。弱気にならず、強気で勝負したボールを弾き返された。「気持ちで引いたら負け」と言い聞かせ、何点取られても「1つずつ確実にアウトを取っていく」と挑み続けた。
 四回に訪れた最大の得点機に、代打に3年生・新山を送ったのも同じ想いだった。二死から4番の3年生・新田が四球で粘り、5番・迫田がチーム初安打でつないだ。6番・友良も四球を選び、満塁とする。新山は3年間ケガ続きで「ちゃんと野球ができた期間は1年間もない」選手だったが、最後の夏にかける想いに指揮官は託した。結果は二ゴロ。本塁は遠かった。
 得点はできなかったが「つないでチャンスが作れた」ことに迫田主将は「自分たちらしさ」を見せたと確信している。1安打しか打てなかったが3盗塁を決めた。「行けると判断したら自分で走るのがテーマ。全てノーサインだった」と泊監督は胸を張る。チームの「伝統」を次に引き継いでくれた4人の3年生に感謝しつつ「来年は『伝説』を作れるチームになりたい」と捲土重来を誓っていた。

160712樟南二・本塁アウト_035
【2回戦・樟南二―甲南】3回表樟南二一死三塁、1番・政所の遊ゴロ、送球の間に、三走・福田(右)が本塁を狙うも好返球でタッチアウト。捕手・山口=県立鴨池

スポンサーサイト

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/1870-4ba07a1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック