鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
奄美春秋



※管理人が奄美新聞に書いたコラムです。

 今年の夏の高校野球は雨との根競べが続いている。これを書いている14日の時点で計6日順延。順当に消化されていればベスト8が出そろっているところが、未だ初戦を戦えていないチームがある状況だ。
 奄美勢を含む離島勢にとっては、雨による順延で頭が痛いのが滞在費である。1日延泊すれば、1泊約5000円の宿泊費に食事代、洗濯代などを含めた出費が来鹿した部員数分かかることになる。奄美勢は現時点で、徳之島、大島、沖永良部が1週間以上の滞在になっている。9日に初戦だった沖永良部はまだ1試合もできていない。出費だけでなく、一番肝心な試合に向けた心身のコンディション作りにも、普段以上に気を使わなければいけないことがある。
 沖永良部は13日に三回まで試合をして途中の雨で流れ、14日は朝球場入りしてから天候の回復を待ったが、結局試合ができなかった。フラストレーションがたまりそうなところだが、前田直紹監督は「この子たちはそんなことが左右するような小さい人間性ではない」「人生思い通りにいかないと、良い精神修行の場になる」と前向きに気持ちを切り替える。
 当事者たちは試合に向けてできることに全力を尽くしてほしいが、そろそろ抜本的な対策も必要ではないだろうか。順延による延泊分の費用を補償する何らかの仕組みがあるだけでも、離島勢にとってはありがたい。検討する価値はあると思う。
スポンサーサイト

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/1874-37e8b959
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック