鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
第71回九州陸上選手権大会第1日
下野(九電工、鹿商高卒)、大会新でV7・男子走幅跳
180819-1男子幅跳_035

180819-2男子3000SC_035
 第71回九州陸上選手権大会第1日は8月19日、鹿児島市の県立鴨池陸上競技場であった。
 鹿児島県関係では男子走幅跳で下野伸一郎(九電工、鹿児島商高卒)=写真上=が7m89を跳び、大会新記録で7連覇を飾った。男子三千障害では市田宏(旭化成、鹿児島実高卒)=写真下=が9分00秒21で優勝。女子一万は古瀬麻美(京セラ)が34分03秒64で制した。
 男子ジュニア走幅跳では馬見塚大樹(出水高)と米森亮(鹿児島高)、女子ジュニア走高跳では宮内理音(鹿児島南高)と萩原莉子(同)がワンツーフィニッシュだった。
 第2日は20日、同会場である。


※記録の詳細はこの文字をクリック!
180819-4男子幅跳び_035
男子走幅跳 ①下野伸一郎(九電工)7m89=大会新
180819-5男子幅跳_035
⑤田坂裕輝(鹿児島大)7m36
180819-6男子幅跳_035
⑥竹之内優汰(鹿児島南高)7m35

秋への弾みに
下野

 最終6回目の試技で、3年前に出した大会記録を5cm上回ったことが分かると、下野は観客の声援に右手を挙げて応えた。「前回はタイ記録だったので、ちゃんと大会記録が残せて良かった」と7連覇に華を添えたことを喜んだ。
 前半3回は向い風に苦しみ、助走を合わせられず2度のファール。それでも2回目で7m69を跳んだことで落ち着き、5回目で79、6回目で89と10㎝ずつ記録を上げていった。6回目は「最後の踏み切りが流れるようになってしまった」がそれでもしっかりまとめることができた。風も+0.1mと弱かったが「+2.0mぐらいあれば8mは跳べた」感触があった。
 社会人3年目の昨季は「イメージと跳躍が合うようになった」。8月の福岡大記録会では日本歴代6位となる8m11を出し、自己ベストも塗り替えた。冬季は食生活も見直して体重も約2キロ落とし、今年3月の記録会では7m93を跳ぶなど、順調な滑り出し。リオ五輪も視野に入れていたが6月の日本選手権が振るわず代表入りを逃した。
 厳しい夏合宿を経て、再起をかけた一発目の大会で好記録を出したことが、秋に向けての弾みがついた。まずは来年の世界選手権に照準を合わせ「秋の実業団、国体で8mの記録を出して世界選手権の標準記録を突破したい」と次なる目標を語っていた。

180819-7男子3000SC_035
男子三千障害 ①市田宏(旭化成)9分00秒21

「まあまあ」の走り
市田

 市田が鴨池のトラックで公式レースを走るのは高校時代以来だ。「場内アナウンスで過去のことを紹介してもらったり、お世話になった人が声を掛けてくれたりしてありがたかった」。8分50秒13の自己ベストには及ばなかったが「合宿明けのコンディションが整わない中ではまあまあの走りでした」と分析した。
 三千障害は高3のインターハイ路線で走って5位入賞して以来、大学時代は走っていなかったが「五千や一万、最終的にはマラソンにつなげるために」社会人になってから取り組み始めた。ハードルはほとんど足をかけることなく、水濠もほとんど水しぶきを上げず軽々と越えていく。暑さもあって最初の1000mが2分58秒と「身体の重さを感じた」レースだったが、スタートから2位以下を大きく引き離し、2位に33秒差をつけて格の違いを見せつけた。
 2日目の五千にもエントリーしており「連戦の中でどれだけ安定した走りができるか」が今大会のテーマ。暑さや合宿の疲労が残り、コンディション作りも難しい中で「13分50秒の自己ベスト更新」を目指す。

180819-8女子高跳_035
女子ジュニア走高跳 ①宮内理音(鹿児島南高)1m60 ②萩原莉子(同)1m60

180819-9女子1万_035
女子一万 ①古瀬麻美(京セラ)34分03秒64 ②藤本彩夏(同)34分24秒15

180819-10男子400_035
男子四百 ④甲斐達気(鹿児島大)49秒47 ⑥松元泉来(鹿児島南高)50秒07

180819-11女子100H_035
女子ジュニア百障害 ⑥川島杏純(鹿児島高)14秒93

180819-12男子400_035
男子ジュニア四百 ⑥橋元優成(川薩清修館高)51秒82

160819やり投・納_035
女子やり投 ⑦納稚乃(九州共立大、大島高卒)43m93

記録、伸ばせず
納(奄美新聞掲載)

 自己ベスト(45m61)更新を掲げて臨んだ納稚乃(九州共立大、大島高卒)だったが、結果は43m93で7位。「全然ダメでした」と悔しがった。
 予選の「3投は心に余裕がなかった」。九州内の有力選手が出場する中で、決勝進出の8人に何とか残りたいと必死になった分、余裕を持った投げができなかった。1投目の43m93で決勝の8人に残り、決勝の3投は「気持ちを楽に投げられた」が、遠くに投げるための技術が最後までかみ合わなかった。
 ただ今、九共大の3年生。大会記録の55m15を出した當間をはじめ、チームメートは力のある選手が多く、優秀な指導者もいて、大学での競技生活は「刺激になることが多くて、充実している」と言う。「あとは自分が記録を伸ばすだけなので、50m台のベスト記録を出せるように頑張りたい」と今後の目標を話していた。

スポンサーサイト

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/1904-a8a9ae7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック