鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
第71回九州陸上選手権大会最終日
松谷(鹿銀・男子やり投)、本村(立命館大・女子200)ら2位が最高成績
160821-1男子やり投_035

160821-2女子200_035
 第71回九州陸上選手権大会最終日は8月21日、鹿児島市の県立鴨池陸上競技場であった。
 鹿児島県関係では男子やり投の松谷昂星(鹿児島銀行)=写真上=、走高跳の上別府剛志(九州共立大、鹿児島商高卒)、千五百の中山謙(鹿児島大)、女子二百の本村優華(立命館大、川薩清修館高卒)=写真下=、千五百の小原諒子(鹿児島銀行)の2位が最高成績だった。


※記録の詳細はこの文字をクリック
160821-3男子200 (2)_035
男子二百 ③白石黄良々(大東文化大、出水商高卒)21秒41 ④伊藤貴祥(鹿大医歯学部)21秒74

日本選手権を目指して
白石

160821-3男子200 (3)_035
 「来季の日本選手権」を目標に掲げる白石は、標準記録は突破できなかったが、百で2位、二百で3位に入り、「九州選手権3位以内」の目標はクリアできた。
 得意の百は大瀬戸(法政大)に次ぐ2位だったが10秒79で「タイムが良くなかった」と反省。「開き直って走った」二百は-1.2mの悪条件の中、21秒41と、これまでの21秒71を大幅に縮めることができた。
 日本代表の四継メンバーだった大瀬戸、20秒03で二百の日本記録保持者・末續(熊本陸協)ら日本トップクラスの選手と試合をして「状態が悪い中でもしっかり結果を出してくる」ところが勉強になった。現在、百のベスト記録が10秒54で、日本選手権の参加B標準の10秒50にあと0.04秒と迫っている。「今年のうちにB標準を切るタイムを出したい」と秋以降の目標が明確になった。

160821-4女子1500_035
女子千五百 ②小原諒子(鹿児島銀行)4分30秒93 ③戸田真由香(京セラ)4分32秒04 ④立山沙綾佳(同)4分33秒45 ⑤上田敏斗美(同)4分33秒86

160821-5男子1500_035
男子千五百 ②中山謙(鹿児島大)4分00秒37 ③中野弘章(NTC)4分01秒01

160821-6男子走高跳_035
男子走高跳 ②上別府剛志(九共大)2m10

160821-7女子100H_035
女子百障害 ⑥重信瑠奈(徳山大、鹿児島高卒)14秒70

160821-8女子7種_035
女子七種 ⑥松元佳子(川内高)3922点

160821-9女子マイル_035
女子千六百リレー ⑤鹿児島女高(迫田、東、淵田、伊地知)3分56秒52

160821-10男子マイル_035
男子千六百リレー ④鹿児島大(甲斐、上村、勇島、大津屋)3分18秒12

スポンサーサイト

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/1906-4f86e533
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック