鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
第60回県高校新人陸上第1日
鹿児島南、大会新でV・男子四継
石原(鹿南)は走幅跳と合わせて2冠

160915-1男子四継_035

160915-2女子四継_035
 第60回鹿児島県高校新人陸上大会第1日は9月15日、鹿児島市の県立鴨池陸上競技場であった。
 男子四百リレーでは鹿児島南=写真上=が41秒81で大会新記録を樹立。一走の石原龍聖は走幅跳で自己ベストを大幅に塗り替える7m13を跳んで合わせて2冠に輝いた。女子四百リレーはアンカー勝負で鹿児島女が0.15秒差で鹿児島に競り勝ち=写真下=、優勝した。
 第2日は16日、同会場である。各種目とも上位3位までが九州大会(10月14-16日・福岡)に出場する。


※成績の詳細はこの文字をクリック!
160915-3男子四継_035
男子四百リレー ①鹿児島南(石原、竹下、矢野、小川)41秒81 ②川薩清修館42秒31 ③鹿児島42秒40

41秒台に手応え
鹿児島南

 鹿児島南がただ1チーム41秒台を出して、大会新記録を樹立した。新開浩一監督は「今の時期に目標にしていた41秒台を出せたのが大きい」と手応えのあったレースを振り返った。
 一走・石原は走幅跳、三走・矢野は四百と個人種目があり、直前まで競技があってバトンパスの練習もできず「ぶっつけ本番」(新開監督)で臨んだ決勝だった。4人でバトンをつなぐのは8月の九州選手権以来で、この約1カ月間まともに四継の練習もできていなかったが、石原龍聖は「スタートラインに立った時から41秒台が出そうな予感がビンビンした」という。走幅跳で最後の6本目の試技で自己ベストを26cm更新する7m13を跳んで、気持ちが乗っていた。加えて大会前日に、インターハイの三段、幅跳で上位入賞した3年生・竹之内から主将のバトンを引き継ぎ「(竹之内)優汰さんたち先輩が作った伝統を受け継ぎたい」とスイッチが入っていた。幅跳の直後でアップもほとんどできなかったが「幅跳の助走のように一歩進むたびにスピードに乗っていくのが感じられた」。
 二走の石原塔弥とは重富中時代もチームメートであり「小学校から一緒にやっているので、練習しなくても阿吽の呼吸でバトンがつなげる」(石原)。四百で3位入賞した矢野はこの日5本目となるレースの疲れも見せず、1年生アンカー・小川もエースらしい走りでゴールを駆け抜けた。
 百のベストタイムは全員11秒台で四継の経験も浅いが「この時期に41秒台が出せたことで、冬季を頑張り、来年のインターハイ準決勝、決勝で勝負することを目指す自信になった」(新開監督)

160915-4男子400_035
男子四百 ①橋元優成(川薩清修館)49秒63 ②米田龍斗(松陽)51秒30 ③矢野太星(鹿児島南)51秒32

「自分の殻」が破れた
橋元

 決勝で自己ベスト記録を出し、初めて県の頂点に立てたことで橋元は「自分の殻が破れた」と喜んだ。
 本格的に四百を走るのは8月の九州選手権以来2回目。このときは初めて県以上の大会で決勝に残れたが「予選、準決勝よりも決勝が一番悪いタイムだった」のが反省で残った。新人戦は、四継予選も合わせてこの日4本目となる決勝レースでどんな走りができるかがテーマだった。元々百、二百の短距離を専門にしていたスピードを生かし、第3コーナーの時点でトップに立つと、後半は「気力だけで走った」。2位以下を大きく引き離して力強くゴールできた。
 5つ上の兄・晃志(早稲田大)は高校3のインターハイ二百の覇者で全国的にも有名な選手。優成にとっては「大きな存在」だが、同じ短距離をやっている以上比較されてしまうのが宿命だ。「同じ時期の兄のタイムと比較して、全然届いていないのでメンタル的に落ち込むこともあった」。小学生の頃、持久走大会で上位になるなど長距離も好きだったこともあって、兄がやったことのない四百に挑戦してみる気になった。
 決勝で予選、準決勝のタイムを上回り、自己ベストを出すこともできたが「日本ユースの標準記録48秒85を切れなくて悔しい気持ちもある」と言う。県でトップに立てる自分の「得意種目」を見つけたことで、更なる向上心に火がついた。

160915-5女子走高跳_035
女子走高跳 ①宮内理音(鹿児島南)1m59

 宮内
「九州選手権に続いて、優勝できたのは嬉しいけど、自己ベストが出せなくて悔しい。1m56、59の1本目を落とすなど、技術的、精神的な課題が見えた。1m62の2本目は跳び越えた手ごたえはあったのに、最後で足が当たってしまった。チームの副主将になったので、鹿南は、男子だけじゃなく女子も強いこと示せるように、みんなを引っ張っていきたい」

160915-6女子やり投_035
女子やり投 ①山元祐季(鹿児島女)44m48 ②後山登喜美(明桜館)38m48 ③松本果恋(鹿児島南)38m17

160915-7女子5000W_035
女子五千競歩 ①大脇絵里奈(鹿児島南)27分13秒51

160915-8女子100H_035
女子百障害 ①川島杏純(鹿児島)15秒22 ②迫田夢乃(鹿児島女)15秒34 ③冨永莉沙(鹿児島)15秒72

160915-9女子400_035
女子四百 ①東真希(鹿児島女高)58秒76 ②古屋敷光(川内)59秒32 ③曽田陽菜子(鹿屋)59秒98

160915-10男子走幅跳_035
男子走幅跳 ①石原龍聖(鹿児島南)7m13

160915-11女子1500_035
女子千五百 ①平田歩弓(神村学園)4分27秒88 ②清水麗奈(出水中央)4分28秒49 ③金丸清香(鹿児島女)4分28秒84

160915-12男子1500_035
男子千五百 ①永井大育(樟南)4分03秒32 ②佐野裕二郎(屋久島)4分03秒76 ③漆畑瑠人(鹿児島城西)4分04秒17

160915-13女子四継_035
女子四百リレー ①鹿児島女(廣森、濵田、鶴田、迫田)48秒72 ②鹿児島48秒87 ③川薩清修館49秒41

スポンサーサイト

テーマ:ランニング - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/1920-964ad421
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック