鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
僕らの熱い夏・鹿児島実vol2(高校野球ドットコム掲載)
「悔しかった」でも「楽しかった」
6時間27分の死闘を振り返って
鹿実・第2回

160907三年生座談会鹿実03_035
 6回から、樟南は浜屋君がリリーフしました。いろいろ対策はしていたそうですが、結果的にはそこから15回まで浜屋君から点が取れませんでした。綿屋君は2安打していますが、他の打者が打てていません。実際はどうだったのでしょう?

綿屋
 畠中君よりは全然打ちやすかったです。よっしゃ、ラッキーと思っていました。スライダーも、腕を振った瞬間に直球と違ってふわっと腕が浮くので僕の中ではスライダーと分かって準備ができました。


つづきはこの文字をクリック!

160907三年生座談会鹿実07・佐々木幸大_035
佐々木幸大
スポンサーサイト

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/1928-d792fe1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック