鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
Bリーグ2016-17第1節第1日
レブナイズ、37点差の黒星発進



 男子プロバスケットボールのBリーグは9月24日、B1、2の第1節が全国各地であった。B2西地区の鹿児島レブナイズは松江市の市総合体育館で島根スサノオマジックと対戦。64―101の大差で敗れ、開幕戦は黒星発進となった。
 歴史的なB2の開幕戦を、レブナイズは元bjの島根と2226人の観衆が見守るアウエーで迎えた。立ち上がり総合力で勝る相手に次々と得点を入れられ、第1クオーター残り3分48秒で新外国人・チャドが決めるまで無得点。第1クオーターは6―27と21点差がついた。前半は劣勢を覆せず24―59と35点差で折り返す。相手のプレッシャーに慣れた後半は徐々に立て直し、40―42と互角に渡り合ったが、前半の大差を覆すことはできなかった。
 第1節最終日は25日、同会場で島根と対戦する。


◇第1節
鹿児島 64-101 島根
(6-27、18-32、21-19、19-23)


※公式スコアはこの文字をクリック!
 鮫島俊秀ヘッドコーチ 「bjプレーオフの常連チームと、昨年NBDLで苦しんだチームの差が点差に出ている。相手の勢いを止められないまま、前半完膚なきまで叩きのめされた。後半は日本人4人、外国人1人の布陣が機能して互角に競ることはできた。ただ攻撃は機能するが、どうしてもこの布陣では外国人2人の相手を抑えることが難しい。選手にとっては想定外なことがたくさんあったが、これを想定内にする。このことに光を見出し、あすは鹿児島からわざわざ足を運んでくれたお客さんのためにも、もっとたくさんの光を放つことを約束する」 
スポンサーサイト

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/1932-f5dcf08b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック