鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
球秋2016第7日
「高校野球らしくなった」
古仁屋(奄美新聞掲載)

160928-1古仁屋1点目_035
 シード鹿児島工に力の差を見せつけられた古仁屋だったが、竹山英輔監督は「攻めて、攻めて、攻めた結果。だんだん高校野球らしくなってきた」と選手の成長に手ごたえを感じた。
 立ち上がり、1番・徳田が初球を右前打。一死一三塁と絶好の先制機に「自分が打ってチームを勝たせたかった」4番・恵栄光が左越え二塁打を放った=写真=。「毎朝バットを振った成果が出せた」と恵。授業前、部員全員で朝7時から毎日300本素振りをやってきて「自信を持っている」(竹山監督)打撃でシード校からも点が取れることを示した。
160928-10古仁屋アウト_035
 三回には追加点のチャンスもあった。一死から1番・徳田、2番・宮之原が連打で出塁し、一三塁とする。一走・宮之原がディレード気味にスタートし、三走・徳田は本塁を狙ったが、間一髪の差でタッチアウトだった=写真=
 決まっていれば重盗という高度な技だが竹山監督は「実はサインミスです」と苦笑する。本当はヒット&ランだったが、打者が見逃した。チャンスを逸したが「徳田はあの走塁が決められるぐらい能力のある選手。責められないプレー」と臨機応変に対応したプレーをむしろ評価していた。
 5年ぶりに秋1勝を挙げ、打力は他のチームに通用する手ごたえをつかんだ。目標に掲げる「ベスト16入りで全校応援」(竹山監督)にたどり着くには、投手力と守備力が課題であることも明確になった。
 大会直前に急性胃腸炎で入院し、初戦に間に合わなかった2年生の長瀬大吾は、鹿工戦に出場できた。「入院中も野球のことだけ考えていた」長瀬は、約1週間ぶりにチームに合流して「いつもより笑顔でプレーできていた」ことに仲間の成長を感じていた。

スポンサーサイト

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/1939-b68ef123
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック