鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
秋季高校野球写真特集(奄美新聞掲載)
熱秋再現!
奄美球児の健闘を振り返る

161012写真特集06_035
【併殺成功】樟南から併殺を決め、喜ぶ沖永良部の遊撃手・末川(右端)

 第139回九州地区高校野球大会鹿児島県予選は9月22日―10月7日まで熱戦が繰り広げられた。来春のセンバツ甲子園につながる秋の県大会。奄美勢は昨秋の大島に続く九州大会出場は果たせなかったが、大島と徳之島がベスト16入りを果たし、奄美、古仁屋が初戦を突破した。初戦で敗れはしたものの、シード樟南と互角に競り合った沖永良部の戦いぶりも印象深い。優勝したれいめいの中鼓鉄、山名浩伸主将のバッテリーは龍南中出身だった。奄美勢の熱い戦いぶりを本紙のカメラで振り返る。

161012写真特集01_035
161012写真特集02_035
161012写真特集03_035
161012写真特集04_035
161012写真特集05_035
【好投手たち】今大会の奄美勢は印象深い好投手が多かった。上から大島の中村誠斗、日高想良、徳之島の仁礼尚人、奄美の蔵大樹、そしてれいめいのエース中鼓鉄

161012写真特集07_035
【2大会続いて】優勝旗を受け取るれいめい・山名主将(龍南中卒)。夏の樟南・前川大成主将(金久中卒)に続いて、2大会連続で奄美出身の主将が優勝旗を受け取った

161012写真特集08_035
【主導権】4回戦の神村学園戦、大島の6番・有馬が先制の右越え三塁打を放ち、序盤の主導権を手繰り寄せた

161012写真特集09_035
【得意技】3回戦・鹿児島水産戦で盗塁を決めた徳之島の2番・福井。劣勢の展開を得意の足技をきっかけに盛り返した

161012写真特集10_035
161012写真特集11_035
【間をとる】劣勢のときは、ベンチからの伝令で間をとる。大島(上)、徳之島(下)とも、間をとるタイミングは絶妙だった

161012写真特集12_035
【更なる成長、誓う】古仁屋はシード鹿児島工から先制点を挙げる健闘をみせたが、無念のコールド負け。相手校の校歌を聞きながら更なる成長を誓う

スポンサーサイト

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/1967-698b0af1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック