鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
第24回県中学校秋季選抜野球大会第2日(奄美新聞掲載)
伊仙合同、決勝ならず!
喜界は8強で涙

161030中学野球14_035
【準々決勝・喜界―枕崎】8回表一死満塁、3番・泰の適時打で三走に続いて二走・半野も生還、2-0と先制する=鴨池市民

 第24回県下中学校秋季選抜野球大会第2日は10月30日、鹿児島市の県立鴨池、鴨池市民、両球場で準々決勝、準決勝があった。
 奄美勢は伊仙合同が準々決勝で第一佐多・根占を5―0で下し、4強進出。決勝をかけた準決勝・吉野戦は八回判定戦の末、1―2で敗れ、決勝進出は果たせなかった。喜界は枕崎に八回判定戦で0―3で敗れ、8強で涙をのんだ。
 最終日は31日、県立球場で午前9時半から枕崎―吉野の決勝がある。


=奄美関係分成績
◇準々決勝①(県立鴨池)
第一佐多・根占000 000 0=0
伊仙合同    102 002 ×=5
(佐)大坪、山元―二階
(伊)長尾、寳永―元田
・三塁打 喜島(伊) ・二塁打 喜島(伊)
◇準々決勝②(鴨池市民)
枕 崎 000 000 03=3
喜 界 000 000 00=0
※8回判定戦
(枕)川俣―神山
(喜)加島―吉留
◇準決勝(県立鴨池)
吉   野 000 000 02=2
伊仙合同 000 000 01=1
※8回判定戦
(吉)秋葉―永井
(伊)田中―元田


※その他の記録はこの文字をクリック!

※フェイスブックで熱戦フォトグラフがお楽しみいただけます!
打順組み換え、功を奏す
伊仙合同

161030中学野球03_035
 伊仙合同は準々決勝の第一佐多・根占戦を5―0で完封。「打線を組み替えたのがポイントになった」と松山健太郎監督はいの一番に勝因を挙げた。
 3番・喜島が初回に先制の左中間三塁打、三回に2点適時打=写真=、六回は4点目の口火を切る左越え二塁打を放ち、3打数3安打3打点と気を吐いた。本来はリードオフマンの喜島だが、初戦の宮之城戦は打撃不振でチームも七回まで無得点と苦しんだ。3番だった田中主将と打順を入れ替えたのがうまくはまって勝利に導いた。
161030中学野球02_035
 このほかにも、相手対策や前日の反省点を修正したのが、随所に生きて勝利へ導いた。先制した直後の二回表、一死からミスが続いて一三塁とピンチを招いたが、スクイズを外して三走を刺した=写真=。「前の試合を見ていて早めに仕掛けてくると思ったので、ワンストライクからの2球目を外させた」と松山監督。六回には二死から左越えの長打を浴びたが、中継プレーで三塁タッチアウト、ピンチを脱し、その裏ダメ押しの2点を奪った。宮之城戦の八回、中継が乱れて2点を失ったのをきっちり修正できた。
 決勝進出をかけた準決勝・吉野戦は投手戦となり、七回まで両者ゼロ行進。無死満塁から始まる判定戦の八回表に2点を先制され、その裏1点を返したがあと一歩及ばず、8月の新人戦に続く決勝進出は果たせなかった。

精一杯のプレー、できた
喜界

161030中学野球09_035
 喜界は八回判定戦で力尽き、4強入りを逃したが「練習したことが出せて精一杯のプレーをしてくれた。選手たちを誇りに思う」と東郷健太郎監督は胸を張って言い切った。
 喜界・加島優太主将=写真=、枕崎・川俣、両投手が火花を散らし、1点を争う緊迫した投手戦となった。「四球で走者を出したこともあったけど、コーナーにしっかり投げ分けられて、守備にも助けられた」と加島主将。圧巻は七回表、二死から2人の走者を出し、先手を取られるピンチを招く。だが、続く1番打者をカウント2ボール2ストライクから、内角低めの直球。バットを振らせない完璧なボールで、見逃し三振をとった。珍しい左利きの捕手・吉留のリードも含めて「良いリードに応えようとする良いボールを投げてくれた」と東郷監督はバッテリーの頑張りをたたえた。
 守備は無失策で守ることができた。ヒットは1安打しかできなかったが、良い当たりの打球を打つこともできた。島に1つしかない中学校のため、7月に新チームを結成してからの対外試合はこの試合で8試合目という。実戦経験が少ない分は、引退した3年生や地元の社会人チームの胸を借りて磨いてきた。
 好投した加島主将だったが八回の無死満塁から始まる判定戦で「甘いコースに投げて外野の頭を越されてしまった」ことを反省する。敗れた悔しさで涙する選手もいたが、最後はきちんと整列して応援の保護者にお礼を述べ、加島主将は「きょう見えた課題を克服して春またここに帰ってくる」と誓っていた。

スポンサーサイト

テーマ:野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/1982-dfe63dbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック