鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
Bリーグ2016-17第7節
レブナイズ、13敗目



 男子プロバスケットボールのBリーグは11月5日、B1、2の第7節が全国各地であった。B2西地区の鹿児島レブナイズは熊本県の菊地市総合体育館で熊本ヴォルターズと対戦。69―94で敗れ、11連敗となった。
 前日の反省をいかして第1クオーターは6点差で食らいついた。第2クオーターに鮫島の3ポイントで23―24と1点差に食らいつくなど粘りをみせたが場面もあったが、勝ち越せず。後半は見せ場を作ることができず離された。
 レブナイズの通算成績は1勝13敗で西地区の最下位。第8節は19、20日、鹿児島市の鹿児島アリーナで愛媛オレンジバイキングスと対戦する。


◇第7節
鹿児島 69-94 熊本
(16-22、13-24、16-21、24-27)


※公式記録はこの文字をクリック!
 鮫島俊秀ヘッドコーチ 前日の修正を踏まえ、試合の入りは悪くなかった。シュート数、リバウンド数はほぼ同数だが、シュート成功率55・4%の相手と37・8%のレブナイズ、ここにチームの差がある。敗戦が続くが、マドゥアバムの努力、山下、安慶、藤田のフォワードトリオがかたちになりつつあるなど光も見えた。あとは光を当てられて輝く段階から、自ら輝き、輝き続けられる存在になることが課題。
スポンサーサイト

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/1989-32052de2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック