鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
レブナイズ、きょう、あす愛媛戦!
「チーム一丸」作れるか?
19、20日、鹿児島アリーナで愛媛戦
鹿児島レブナイズ

161118レブナイズ01_030
 男子プロバスケットボールのBリーグに所属する鹿児島レブナイズの公式戦第8節・愛媛オレンジバイキングス戦が11月19、20日、鹿児島市の鹿児島アリーナである。第7節を終えてレブナイズは1勝13敗。11連敗中で所属するB2西地区で最下位と苦境にあえぐ。戦力、運営とも厳しい状況の中、今季初めてホームアリーナで開催される愛媛戦を反転攻勢のきっかけにしようと、チーム、フロント、そしてファンが「チーム一丸」(鮫島俊秀ヘッドコーチ)となって挑む。
・勝ち負けの前に

 NBDL10チーム中9位で終わった昨季に比べて目立った新戦力の補強もなく「戦力的には日本一弱い」(鮫島コーチ)状態で迎えたBリーグ開幕だった。昨季NBLやbjに所属していたライバルとの力の差はこれまでの戦績が如実に物語る。愛媛戦を前に、今季これまでチームNO1スコアラーで、B2得点ランキング3位の平均19・4点を挙げたチャドのサンロッカーズ渋谷(B1)への移籍が決まり、戦力的に更に厳しい状況となった。「勝ち負けの前に、ゲームとして成立させられるかどうか」(鮫島コーチ)を考えながらの戦いは当分続きそうだ。
 チャドが抜けたセンターのポジションは、もう1人の外国人マドゥアバムが務める。「練習に対して、今まで以上に目の色を変えて取り組むようになった」と鮫島和人主将。アウトサイドシュートなど新しい技にも積極的に取り組んでいる。インサイドで互角に渡り合うためには安慶、藤田、山下ら日本人FWの奮起がカギになる。ベテラン中園以外で2桁得点を挙げられる日本人選手の台頭も急務だ。チャド移籍は痛手だが「選手それぞれがやらなければいけない気持ちが出て、やることがシンプルになった。チームの『化学反応』も起こしやすくなった」と前向きに考える。

・エンターテイメントの充実

 興行面でも苦戦が続く。これまでホームゲーム6試合の平均観客動員は574・5人。10月1日の開幕戦でも929人と1000人に届かなかった。「チケット代が高くなった上にファンサービスが悪くなった」と不満の声もファンの間から挙がる。運営会社・スポーツフロンティア鹿児島の大山亮平営業本部長は「Bリーグから課せられたことをこなすことが精一杯で、一番大事なプロの興業としてお客さんへのサービスが疎かになっていた」と反省する。
 観客動員、チケット売上などは来季のB2ライセンスを取得する上でも必須条件。19、20日の愛媛戦は「1試合3000人」を大きな目標に掲げ、観客動員、ファンサービスに本腰を入れて取り組む。鹿児島市内の小中高校生は鹿児島市の補助で無料招待となる。鹿児島アリーナがある永吉、草牟田、原良などの町内会にも積極的に営業をかけた。
 試合以外のエンターテイメントを充実させるべく、「薩摩剣士・隼人」などを手掛けるボッケモンプロの外山雄大さんに総合演出を依頼した。地元アイドルのサザンクロスや歌手・宮井紀行のミニライブ、鹿児島実高新体操部の演舞などが前座である。グルメコーナーには7店舗が出店し「お祭り」感を演出する。

・広がるファンのネットワーク
161118レブナイズ02_030
 4日は外山さんの発案で「どうする?レブナイズ会議」を実施。愛媛戦で3000人動員するためにどうすればいいかをテーマに、話し合った。参加者は大学教員、県議、市議、飲食店経営者、学生など性別、職業、世代も様々で約40人が集まった。
 「アリーナまでの親切な交通案内を」「露出を積極的に増やす」「選手の出身校同窓会にチケットを売る」などの意見が出た。中には運営に対する厳しい意見もあったが「レブナイズを何とかしたいという熱い気持ちが伝わって嬉しかった」と外山さんは話す。
 「SNSを積極的に活用するのはすぐにでもできる」と外山さん。これ以降、選手がスポンサー回りをしたり、屋台村のナンコ大会に出た様子などが、こまめにフェイスブックなどで発信されるようになった。ファンも動員に積極的に協力すべく、チラシのデータをチームから受け取って、自分たちでコピーして配るのも、SNSの交流で実現した。
 「クラウドファンディングを利用してチームのマスコットキャラを作る」「各市町村のご当地キャラを集めてイベントをする」…数多くのイベントを手掛けてきた外山さんは、今後試合を盛り上げていくためのアイディアを語る。カギになるのは「バスケットに興味のない人たちをいかにして引き込むか」だ。

スポンサーサイト

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/2004-92bf1dbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック