鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
鹿児島U、17年新体制発表
チームスローガンは「勇情」
「鹿児島オリジナルのサッカーを」
三浦新監督

170116鹿児島U新体制02_030

170116鹿児島U新体制01_030
 サッカーJ3の鹿児島ユナイテッドFCの17年シーズン新体制発表が1月16日、鹿児島市のレンブラントホテル鹿児島であった。新ユニホームのお披露目や、今季から新監督に就任した三浦泰年監督、新加入の6選手らがJリーグ2年目のシーズンに向けての意気込みを語った。

170116鹿児島U新体制04_030
 今季のチームスローガンは「勇情」。どんなことにも立ち向かう「勇気」、絶やすことのない「情熱」、共に1年間を戦う「仲間たち」の意味を込めた。
 新ユニホームのコンセプトは「Believe in victory=勝利を信じる」。昨年に引き続き鹿児島市出身で東京在住のデザイナー・東郷建峰さんがデザインした。フィールドプレーヤーのホーム用は異なる2色のネイビーを使った縦ストライプ、背番号には「リーグ優勝」「勝利」の意思を込めて金色を採用した。同セカンドは薩摩の十文字を方から裾にタスキ風に配置してある。GKホーム用は桜島のマグマのような情熱の赤、セカンドは島々の自然のエネルギーをイメージした緑を基調にしている。着用した田上裕主将は「背番号のゴールドに見合う結果を出せるようベストを尽くす」、GK植田峻佑は「身体の一部にフィットしている。マグマの赤のような威圧感を出していきたい」と感想を話した。
170116鹿児島U新体制06_030
 この日、新加入も含めた全27選手と対面した三浦監督は「まとまりの良さを感じた」。今季は「鹿児島のオリジナル、スタンダードと呼べるサッカーを作るスタートの年」と位置づけ、「選手、フロントと力を合わせて、ファンの心をつかむような魅力あるサッカーをして鹿児島を盛り上げたい」と意気込みを語った。新加入6選手については「ベテランと新人、バランスの良い補強ができた」と評した。目指すのは「ボールを大事にして、相手から『ボールがとれない』『走らされる』と嫌がられるサッカー」を掲げた。
170116鹿児島U新体制07_030
 鹿児島実高出身で新加入の松下年宏は「これまでの経験を生かし、三浦監督の掲げるサッカーを具現化してJ3優勝、J2昇格を目指す」、上本大海は「鹿児島に帰ってきたからには、チーム一丸となって優勝を勝ち取りたい」と意気込みを語った。
 17日に必勝祈願、初練習を行い、18―22日は奄美市、24日―2月3日までは指宿市でキャンプを実施する。新加入選手は以下の通り。()内はポジション、年齢、出身地、前所属チーム。
 木村魁人(DF、23歳、神奈川、サウルコス福井)
 岩崎知瑳(GK、22歳、大分、福岡大)
 角野翔汰(MF、24歳、岡山、鹿児島Uセカンド)
 野嶽惇也(FW、22歳、鹿児島市、福岡大)
 松下年宏(MF、33歳、鹿児島市、横浜FC)
 上本大海(DF、34歳、指宿市、V長崎)

170116鹿児島U新体制09_030
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/2053-5070bccb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック