鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
16年度学生野球表彰(奄美新聞掲載)
「賞に恥じない野球人生を」
学生野球表彰の前川選手(樟南高・金久中卒)

170124学生野球表彰02_030
 2016年度の日本学生野球表彰に選ばれた樟南高3年の前川大成選手(金久中卒)=写真=の表彰式が1月24日、鹿児島市の鶴丸高校であった。

170124学生野球表彰03_030
 同賞は日本学生野球協会に加盟する26大学連盟、47都道府県高校野球連盟に所属し、今年度顕著な活躍をした選手をそれぞれの連盟が推薦する。鹿児島から選ばれた前川選手は主将、捕手としてチームをけん引し昨夏、3年ぶりとなる甲子園出場に貢献しただけでなく、学業面や学校生活でもリーダーシップを発揮している点が評価された。
 授賞式では、県高野連の豊島真臣会長から記念の盾が贈られた。前川選手は「この賞がいただけたのも樟南を支えてくださった皆さんのおかげ。この賞に恥じない野球人生を今後も送っていく」とお礼を述べた。
 中3だった13年夏の甲子園に出た樟南に憧れた。4つ上の兄・健悟さんも樟南で「兄がいけなかった甲子園に、自分が樟南で行く」と誓って奄美からの進学を決めた。3年間、寮生活で、3年生25人をはじめ個性の強い仲間たちと、時にぶつかることもあったが「この仲間たちが自分を成長させてくれた」と感謝する。昨夏の甲子園をかけた決勝では宿命のライバル・鹿児島実と延長十五回、引き分け再試合の死闘を制して悲願を叶えたが「再試合の五回表無死満塁のピンチをしのいだシーンが一番印象深い」と振り返った。
 「野球だけでなく、すべての面で彼がリーダーシップを発揮してくれた」と山之口和也監督。昨夏の決勝、甲子園も印象深い出来事だが、それ以上に「秋、春とあと一歩のところで力を出し切れずにいたのを克服した」ことをたたえていた。卒業後、前川選手は駒沢大で野球を続ける。将来のプロも視野に入れつつ「目の前のことを一つずつクリアして、周りから応援される選手になりたい」と抱負を語っていた。


「高校野球ドットコム」にも掲載!

レポートはこの文字をクリック!
スポンサーサイト

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/2062-90bcbe2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック