鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
地区対抗女子駅伝写真特集
1つ順位上げ7位
郷土の声援、チームを後押し
大島(奄美新聞掲載)

170204特集00_030
【チームの象徴】7位でゴールした大島のアンカー平島未来。最後まで粘り強く走った平島の走りを備秀朗監督は「チームの象徴」と称えた

 第30回記念鹿児島県地区対抗女子駅伝大会は1月29日、霧島市の隼人運動場を発着点に、国分下井を折り返す6区間21・0975キロで、県下12地区の女子ランナーたちが健脚を競った。大島は前回より1つ順位を上げ、7位と健闘した。
 30回の節目を迎えた大会で、大島の選手たちは力強い走りをみせた。あいにくの雨と寒さだったが、沿道には地元・奄美会のメンバーらを中心に大勢の応援が駆けつけ「自分の名前まで呼んでもらえてうれしかった」(2区・大川菜々子)と選手の背中を押した。選手たちの力走を本紙のカメラで振り返る。

170204特集01_030
【決意を込めて】開会式に臨む大島の選手。節目の大会での力走を誓う

170204特集02_030
【「今年は大島の番」】「半分前の第15回大会は大島が優勝した。今年は大島の番」と力強く意気込みを語った備監督

170204特集03_030
【「先輩」が激励】開会式にリオ五輪出場の上原美幸選手(右端)、第一生命の満枝まどか選手(中央)、本大会「OG」が特別ゲストで招かれ、タレントの太優樹さん(左端)が応援ソングを熱唱した

170204特集04_030
【笑顔でリラックス】スタート直前、応援者から激励されて笑顔を見せた大島1区の久保愛結美(中央)

170204特集05_030
【6位浮上!】競技場に入って、アンカー平島(左)が川薩をかわして6位に浮上する

170204特集06_030
【最強の応援団】アンカー平島に声援を送る地元奄美会のメンバーら。郷土の声援は最強の応援団だ

170204特集07_030
【駆け寄る仲間】ゴールした平島(右から2人目)のもとに駆け寄る大島チームのメンバーら

170204特集08_030
【弾ける笑顔】テレビカメラに向かって最高の笑顔を見せる大島チームのメンバーら

170204特集09_030
【声援に感謝】雨の中、惜しみない声援を送った地元奄美会に選手が感謝の言葉を述べる

スポンサーサイト

テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/2081-326aec3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック