鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
Bリーグ2016-17第22節
第1Qの失点重く
レブナイズ




 男子プロバスケットボールのBリーグは3月12日、B1、2の第22節が各地であった。B2西地区の鹿児島レブナイズは、鹿児島市の県体育館で東地区5位の青森ワッツと対戦。62―72で敗れ8連敗となった。


◇第22節
レブナイズ 62-72 青森
(12-24、14-19、19-18、17-11)


※スポーツナビのサイトで公式記録がご覧になれます。
 第1クオーター残り5分20秒で6点目を挙げて以降、スコアが凍り付く間にインサイドを中心に相手に得点を重ねられ、12―24と大きく点差をつけられた。第3クオーター、マドゥアバムの連続シュートなどで反撃開始。第4クオーターは藤田の3ポイント、玉田のシュートなどで点差を詰め、残り5分46秒のマーフィーのシュートで56―62と6点差まで詰め寄ったが、最後は10点差で敗れた。
 レブナイズの通算成績は5勝39敗で西地区の最下位。交流戦は今節で終了し、第23節からは通常の西地区との対戦となり、レブナイズは17、18日、出水市総合体育館で4位の愛媛オレンジバイキングスと対戦する。

 鮫島俊秀ヘッドコーチ
 土曜日までこのまま永遠に勝てないのではないかという恐怖心と戦っていた。戦う勇気がない者はコートを去れとも伝えた。試合後、選手たちに「レブナイズらしいゲームが出来た」と褒めた。それを支えたのはキャプテンで、これに続く者が出てくれば必ず道は開けてくる。

スポンサーサイト

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/2114-bcbc8a70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック