鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
奄美春秋



※管理人が奄美新聞に書いたコラムです。

 朝、城山をランニングしていたら旧知の新聞販売店のNさんと展望台でしばし雑談。「紙の新聞を売る」というビジネスは、頭打ちの状態で今後伸びる要素は少ない。今、Nさんは「地域の物流の拠点になる」という道を模索しているという。
 ネット社会になり「情報」を「紙」で届けるという需要は少なくなったが、「もの」は誰かが運ばなければ届かない。そこに発想を転換し、運輸会社とタイアップして新たな仕事を開拓しているという。「枝葉は移ろうけど、幹や根をしっかり作ることが大事」と話していたことが胸を打った。
 プロバスケットボールの鹿児島レブナイズの経営難が表面化した。今季の売り上げが伸びず、過去の負債も重なって、残りの公式戦の開催が危うくなり、リーグに融資を申請したと会見があった。こんな時だからこそ、付け焼刃ではなく、しっかりとした「根」を張り巡らせ、太い「幹」を育てていかなければならない。バスケットを、鹿児島を愛する心、人を大切にする姿勢…そこさえしっかりしていれば、たとえ最悪の事態を迎えたとしても、また蘇ってはい上がることは可能だと信じたい。
 レブナイズの会見の後、時間を作って、妻と息子と3人で遊びに出かけた。1歳2カ月の息子が初めて歩いた。倒れては起き、倒れては起きを何度も繰り返して、いつの間にか歩けるようになっている。人間が成長する真理をみたような気がした。
スポンサーサイト

テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/2117-b8c49dca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック