鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
恩師が語るヒーロー像・武田翔太・第1回
意識高く、練習を大切にする投手
右肩上がりの成長のかげに
河邊寿樹・宮崎日大前監督(第1回)

170227河邊監督01_030
 前回取材した満窪文彦部長(現宮崎南)が抱いた青木宣親(日向)の高校時代の印象は「普通の高校生」だったが、同じ宮崎出身の武田の印象は真逆だ。宮崎日大前監督の河邊寿樹さんは中学時代の投球を見て「将来はプロ」の印象を持った。河邊さんだけでなく、「あの投球を見れば野球をやったことがある人なら誰でもそう思う」と語る。高校3年間で甲子園の夢は叶わなかったが、ドラフト1位でプロ入りし、大谷翔平(日ハム)の故障というアクシデントもあって、今年のWBCの代表入りも果たした。「野球に対する意識が高く、日々の練習、何よりブルペンでの練習を大切にしていた」というのが河邊さんの高校時代の武田評だ。たぐいまれな素質に甘んじることなく、高い意識とひたむきな努力で今のところ右肩上がりの成長を続けている原点は宮崎日大時代の3年間で培ったものだ。



続きはこの文字をクリック!
170227河邊監督02_030
スポンサーサイト

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/2124-da46d0f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック