鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
奄美春秋



※管理人が奄美新聞に書いたコラムです。

 春の高校野球大会は例年、公立校の指導者の異動にまつわる物語がある。徳之島―国分中央戦はどちらの監督も異動するため、「負けたら最後、1試合でも長く一緒に野球がしたい」という両ナインの想いがぶつかりあった見ごたえのある好勝負だった。
 徳之島、国分中央とも、積極的に機動力を使い、攻撃でも守備でも緻密に野球を作り上げる点では両者通じるものがある。互いにミスがありながらも、五回表裏の攻防で持ち味を出した徳之島が勝利した。徳之島の田村正和監督が「松元先生、下村先生から続く徳之島の魂の野球を下村先生の前で見せることができた」と感極まっていた。
 現国分中央の下村幸太郎監督から田村監督が引き継いだこの7年間は、15年夏のれいめい戦の勝利をはじめ、毎回徳之島の試合は勝っても負けてもいろんな野球の醍醐味が詰まっていて、毎回書き応えのある記事を書いていた。国分中央もまた14年夏のベスト4をはじめ、夏になると必ず強いチームに仕上げてくるのが毎年楽しみだった。
 徳之島がこのまま勝ち上がり、順延がなければ3、4回戦の2試合は田村監督がベンチで指揮できる可能性が残っている。4回戦では昨秋の4回戦で苦杯をなめたシード出水との対戦も予想される。徳之島や出水がそこまで確実に勝ち上がれる保証はどこにもないが、どんな対戦、結果になるにせよ、この春の徳之島の戦いは注目したい。
スポンサーサイト

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/2138-a87f648e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック