鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
奄美春秋



※管理人が奄美新聞に書いたコラムです。

 春の九州高校野球県予選で大島がベスト4入りした。13年春以来、各代のチームは、どこかの大会で1度は4強入りしているので特に驚かないのだが、これが途切れることなく続いていることは改めてすごいことだと実感する。これらの試合を奄美新聞の記者としてすべて目にできたことを、うれしく思う。
 13年=春ベスト4、秋ベスト4、14年=21世紀枠でセンバツ、春九州大会、NHK旗ベスト4、15年=春ベスト4、NHK旗ベスト8、秋ベスト4、九州大会初戦突破、16年 春ベスト8、NHK旗ベスト8。鹿児島実、樟南、神村学園、鹿児島城西などの強豪私学以外で、ここまで安定して4年間、上位の成績を残せている学校は他にない。
 特に今年のチームは、これまでのような計算できるエースや、昨年のチームのように力のある選手がいるわけではない。離島という物理的な距離や、長期滞在による金銭的な負担は何も変わらない。それでも先輩たちと同じ準決勝の舞台を戦えることに、普通の学校、離島の学校でもやれることがあるというヒントが隠れているような気がする。
 それでもなかなか達成できないのが決勝進出であり、夏の甲子園だ。この春は昨秋敗れた神村学園と準決勝で対戦する。ここまでの戦いぶりは、攻守とも今大会NO1の力強さと安定感がある。本物の力が試される。どんな試合になるか、7日予定の準決勝が楽しみだ。
スポンサーサイト

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/2148-efff28fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック