鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
レブナイズにマウスガードを提供
後援会がマウスガードを無償提供
ケガ予防&パフォーマンス向上を
レブナイズ

170418マウスガード02_030
 男子プロバスケットボールのBリーグに所属する鹿児島レブナイズの後援会(吉田雅司会長)は、マウスガードをレブナイズの選手たちに無償で提供した。

18035361_1146907832084520_377697662_n.jpg
 今給黎総合病院歯科口腔外科・スポーツ歯科外来部長であり、日本体育協会公認のスポーツデンティストの資格を持つ吉田会長によると「高校スポーツで統計を取ると、歯の障害がダントツで多いのがバスケット」=写真=だという。接触プレーなどで歯を傷つけたり、相手にケガをさせてしまう危険性が最も高い。試合や練習中にマウスガードを装着することでこれを予防する。ケガの予防だけでなく、かみ合わせが良くなることで身体のバランスも良くなり、パフォーマンス向上にも効果があるとされる。
170418マウスガード16
170418マウスガード17
 今回、後援会が提供したマウスガードは、事前に選手個々の歯型を取り、それに合わせて作成した。18日、鹿児島市の郡山体育館で練習があったあと、選手たちに手渡し、使用方法や保管の注意などを吉田会長が説明した。
 林亮太選手兼GMは「以前、市販されたマウスガードを使ったことがあったが合わなかった。これなら自分の歯型にフィットして全然違和感がない」と喜ぶ。吉田会長は「オフシーズンには歯のメンテナンスをすることも大事。マウスガードをレブナイズの選手たちが使用することで、子供たちにも歯を守る意識を広めてもらって、ケガの予防につなげて欲しい」と期待した。

170418マウスガード01_030
スポンサーサイト

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/2166-da7af1c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック