鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
17県高校総体・新体操最終日
鹿実、堂々の13連覇・女子
170520新体操01_030
 2017年度鹿児島県高校総体新体操最終日は5月20日、鹿児島市の県体育館で男女団体の部があった。
 女子は鹿児島実=写真=が15・650で制し、堂々の13連覇を達成した。
 女子の1位が全国(8月11、12日・山形)、2位までが九州大会(6月24、25日・宮崎)に出場する。

170520新体操17_030
女子団体 ①鹿児島実15・650(D9・800、E5・850)

170520新体操24_030
②鹿児島純心14・150(D9・00、E5・150)

170520新体操02_030
男子団体 ①鹿児島実11・700(D6・300、E5・400)

170520新体操26_030
「気持は伝わった」
大島(奄美新聞掲載)

 大島は4・400で3位。押川野乃美主将は「練習してきたことが出せなくて悔しい面もあるけど、気持ちが伝わる今までで一番良い演技だった」と振り返った。
 昨年11月の新人戦では人数がそろわず、県内で唯一第1回大会から続けていた連続出場が22回で途切れた。4月に1年生が入部して2カ月足らずの短い時間だったが「アイコンタクトを心掛け、毎日5人の息を合わせる練習をやってきた」(西緋音)。
 それでもフープが交換中にぶつかってうまくキャッチできないなどのミスが相次いだが「ミスしても気持ちを切り替えて笑顔で演技を心掛けた」(西)。実施点のE得点は目標に届かなかったが、難度点のD得点は目標の4・250を達成できた。
 押川主将、西、赤塚、3人の3年生にとっては次の国体予選が集大成となる。押川主将は「これからできる練習に精一杯取り組んで、1点でも多く点を取れる演技をしたい」と語っていた。

スポンサーサイト

テーマ:体操・新体操 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/2209-fa54fd88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック