鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
17県高校総体・体操
高岡(出水商)が制す・男子個人
女子は東條(れいめい)がV

170521体操08_030

170521体操18_030
 2017年度鹿児島県高校総体体操は5月20、21日の両日、鹿児島市の県体育館であった。
 男子個人総合は高岡耕平(出水商)=写真上=が6種目中、あん馬、跳馬、鉄棒の3種目で1位をとり151・95で制した。団体は出水商が3連覇だった。東條莉歩(れいめい)=写真下=が81・85で女子個人総合優勝だった。団体はれいめいが12連覇だった。

170521体操01_030
男子団体 ①出水商(平山、高岡、今井、井上)445・75

磨いて輝く玉になれ!
出水商

 出水商が今大会掲げたのは「九州、全国につながる大会にする」(松本圭成監督)こと。今年から採点方法が厳しくなり、インターハイで得点をとるためにはより高い難度を、正確にやり切る心技体が求められる。今大会は跳馬でひねりが1回だったのを2回にするなど、全員が難度を上げて各種目に挑んだ。松本監督は「ミスも多かったけど、内容は納得できた」と振り返る。
 個人総合を制した高岡耕平は「成功したときのイメージよりも、何度も練習でミスしたことを思い出してそれをやらないことを心掛けた」という。3月の全国選抜で思い通りの演技ができなかった際に父・治さんからのアドバイスだった。予選ではあん馬で後方に移動する技を失敗。「普段の練習では身体が開いてしまっている」ことを思い出し、決勝では身体を開かないことを心掛けて成功させた。「予選より決勝でミスが多かったのは反省だけど、2日間大きなミスがなくやれたのは良かった」と振り返った。
 昨年のインターハイ跳馬で3位入賞した原口のような絶対的なエースはいない分、高岡、平山主将の3年生2人を中心にチーム力で勝負する。3年生2人が安定し、井上が個人総合で3位に食い込むなど、1年生に元気がある。2年生がもう一つ伸びきれなかったのは反省だが「なぜミスをしたのかしっかり分析できることが今後につながる」と松本監督。「今はまだゴツゴツとした角がある状態だが、これから少しずつ磨いていって最後は光り輝く玉になれるようなチームにしたい」と期待していた。

170521体操02_030
男子個人総合 ①高岡耕平(出水商)151・95(ゆか③26・60、あん馬①25・20、つり輪②23・70、跳馬①27・55、平行棒③23・05、鉄棒①25・85)

170521体操12_030
②平山陽太郎(出水商)148・08

170521体操16_030
③井上慎友(出水商)144・70

170521体操17_030
女子団体 ①れいめい(碩山、東條、切手、植新)167・55

170521体操22_030
女子個人総合 ①東條莉歩(れいめい)81・85(跳馬⑤23・40、段違い平行棒⑦13・50、平均台①22・75、ゆか②22・20)

 東條
「きのうは全体的にチームの雰囲気も暗くて、ミスを怖がって演技していた。きょうはミスをしてもいいから大きな演技を心掛けた。得意の平均台で落下もあったけど、攻めの演技はできていた。九州、全国では本番で堂々と演技ができるよう、自信をつける練習をしたい」

170521体操23_030
②濵上きらら(れいめい)80・70

170521体操24_030
③嘉納まりん(れいめい)80・60

スポンサーサイト

テーマ:体操・新体操 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/05/25(木) 09:45:20 | | #[ 編集]
Re: タイトルなし
いつもご丁寧なメッセージをありがとうございます。今回は息子さんだけでなくご主人のことも聞けて良かったです。成功よりも日ごろの失敗を振り返って、それをやらない選択をする。日常生活にも応用できそうです。これから九州、全国と厳しい戦いが続きますが、その一つ一つの中に大きく成長するチャンスはいくらでもあります。応援しています。
2017/06/01(木) 06:25:10 | URL | 政純一郎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/2213-9a62322b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック