鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
第59回NHK旗第3日
池田、大島、完封で8強へ
170522-6尚志館2点目_030
【2回戦・徳之島―尚志館】5回裏尚志館二死二三塁、代打・春田の中前適時打で三走に続いて二走・川畑が生還、2-1と逆転する=鴨池市民

 第59回NHK旗争奪鹿児島県選抜高校野球大会第3日は5月22日、鹿児島市の県立鴨池、鴨池市民、両球場で2回戦4試合があった。


詳細な観戦レポートと写真は「高校野球ドットコム・鹿児島版」に掲載!

第3日の結果報告はこの文字をクリック!
池田―加工戦はこの文字をクリック!
鹿屋農―樟南戦はこの文字をクリック!
徳之島―尚志館戦はこの文字をクリック!
大島―鹿玉龍戦はこの文字をクリック!

◇22日の結果
・2回戦(県立鴨池)
池田 2-0 加治木工
樟南 10-3 鹿屋農(7回コールド)
・2回戦(鴨池市民)
尚志館 3-1 徳之島
大島 5-0 鹿児島玉龍

◇23日の試合
・準々決勝(県立鴨池)
11:05 神村学園―れいめい
13:35 池田―樟南

迷い断ち切り、主将とエースが活躍
大島(奄美新聞掲載)

170522-12大島2点目・濱田先制タイムリー_030
 濱田雄一郎主将とエース中村誠斗。チームの主軸2人の活躍などで大島が完封勝ちした。
 この1カ月ほど、濱田主将は「迷いがあった」と極度の打撃不振に陥っていた。右打ちから左打ちにスイッチした頃、ボール球に手を出していた悪い癖が再発。身体も開いてボールが見極めきれなくなっていた。元々の右に戻そうかと前日の練習で試してみたが、より不安になるだけ。「迷うくらいなら左を貫こう」と覚悟を決めた。
 本来は2番だが、気負わず「大きな打撃ができるように」と塗木哲哉監督が8番での起用を告げる。濱田主将は「チームに貢献できるなら打順はどこでも構わない」と思った。二回、二死ながら一二塁と絶好の先制機で初打席が回ってきた。
 頭にあったのはこの1カ月間、奥裕史コーチと取り組んだ「間の取り方」。右足の親指でタイミングをとる感覚を意識するとボールがよく見えた気がした。特大の右越え三塁打=写真=で2点を先制し、チームを勢いづけた。
170522-10大島・中村_030
 左腕エース中村=写真=も、春先から「思い通りのボールが投げられていない」悩みがあった。この日も、制球にはばらつきがあって、決して本調子ではなかった。だが、唯一良かった右打者の外角低めの直球を柱に、相手打者の狙いを読みながら、緩急を使って丁寧に狙いを外す投球が最後まで崩れなかった。
 終わってみれば自身公式戦初完封、打っても2打点の活躍だった。「完封したことよりも安定した投球ができたのが自信になった」と中村。外野で守っていた濱田主将は「チームの誰よりも走り込んで練習して、努力している姿を知っていたので、嬉しかった」と我がことのように喜んでいた。

持ち味、出し切れず
「自立」への試練は続く
徳之島

170522-2徳之島1点目_030
 徳之島は先制しながら無念の逆転負け。吉田公一監督は「エース富岡が良く投げて試合を作ったが、打線が3安打で1点しか取れなかった。攻撃型チームの持ち味を出せなかった」と悔しがった。
 攻守の要・中原陸主将が大型連休中の沖縄遠征で左足に死球を当てて骨折。エースで4番の澤村洋飛を1番に起用し「より攻撃的に、先行して逃げ切る」打順を組んだ。
 先制点はその澤村がもぎ取った。初回は三振だったが「高めに甘いボールもあると分かったので積極的に狙った」と三回は初球を迷わず振り抜いて左中間三塁打。捕手、中継に入った遊撃手、投手、誰も本塁をケアしていないのを見て取ると、一気に本塁を陥れた=写真=
 相手のスキを突いた徳之島野球の真骨頂で奪った先制点だったが、これ以降、無安打に抑えられる。「外角の直球とスライダーの出し入れがうまかった。打ち気を外され、振らされ、打たされてしまった」(吉田監督)。澤村に代わってエース番号を背負った富岡が好投したが、中盤の失点にはエラーが絡んだのも痛かった。
 「ミスが出ると、声が出なくなって表情も暗くなっていた」。中原主将は、記録員としてベンチから客観的に観察してチームが一つになり切れていないと感じた。3月に田村正和監督が異動になって部員1人1人の「自立」がテーマだったが、誰かに頼ろうとしたり、1人で野球をやってしまう弱さが試合に出ていた。中原主将が戦線に復帰するにはもうしばらく時間がかかる。「1人1人が主将になったつもりで、日ごろの練習から自立を目指して取り組む」と澤村。試練は当分続くが、吉田監督は「逆にチャンスだと思っている」と前向きに考えていた。

スポンサーサイト

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/2214-0fa7680f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック