鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
奄美春秋



※管理人が奄美新聞に書いたコラムです。

 鹿児島ユナイテッドFCのホームゲームを取材した。
 前節まで4連敗中。夏の到来を思わせるような暑さの中で、どれほど観客が集まるか気になっていたが、試合開始1時間以上前からスタジアム周辺の屋台には大勢の人が集まっており、少し早い六月灯や夏祭りの雰囲気を感じた。観客数4311人。西日の当たるバックスタンドとゴール裏席が大勢の観客で埋まっているのが日常の光景となりつつあることに安心感を覚えた。
 ピッチ上はメーンスタンドの影になっていて過ごしやすく、日が落ちると心地良い涼しさが感じられ、この時期に屋外スポーツを楽しむ環境としては最高だった。だが、肝心の試合が途中まで最高とは真逆だったので、フラストレーションがたまった。ボールは持っていても有効につながらず、あろうことかイージーなミスでボールを奪われ先制点を許す。連敗中とはこんなことが起こるものかと暗澹たる気持ちになり、ピッチ上に何かが足りていない欠乏感を覚えながら時間が過ぎていた。
 流れが変わったのは後半16分に選手交代をしてから。ボールがつながりだし、攻撃が活性化した。試合開始から前線で積極的に動いていた藤本を見ていて「彼がきょうはやってくれる」と予感した通り、残り少ない時間で2ゴールを挙げて劇的な逆転勝利。ハラハラさせられたが、終わってみれば極上のスポーツエンターテイメントを満喫できた。
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/2234-50c0e524
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック