鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
レブナイズ、B3参入決定
レブナイズ、B3参入決定
「県民に育てられるチーム作りを」

170608レブナイズB3参入02_040
 男子プロバスケットボールの鹿児島レブナイズは6月8日、17―18年シーズンのB3リーグ新規参入が決まった。リーグを運営する一般社団法人ジャパン・バスケットボールリーグの理事会で承認された。レブナイズは鹿児島市の鹿児島アリーナで会見し、園田明会長=写真=は「鹿児島にプロバスケットボールの火をなくしたくないという皆さんの支援のおかげ。早期のB2復帰を目指して、県民の皆さんに育てられるチームを作っていきたい」と話した。

 レブナイズはBリーグ発足初年度となる16―17年シーズンをB2西地区に所属しリーグ戦を戦った。7勝53敗で最下位と戦績が振るわず、今年2月末には経営難が発覚し、来季のB2ライセンス不交付となった。チーム存続の危機に立たされた中、選手会やブースターを中心に「存続させる会」が立ち上がり、街頭募金やクラウドファンディングによる資金集めなどの活動に取り組んだ。5月に園田会長らを中心とする新運営会社「株式会社鹿児島レブナイズ」が立ち上がり、下部リーグであるB3参入を第1目標に掲げて、運営体制の強化、来季の事業計画、負債の処理などに取り組んでいた。
170608レブナイズB3参入01_040
 来季、チームとして戦う場が決まったことに林亮太選手兼GM=写真=は「嬉しい以上に、支えてくれた皆さんへの感謝の気持ちが強い。その想いを無駄にしないように一歩一歩前に進みたい」と気持ちを引き締める。来季のチーム構想を組み立てる責任者としては「これまで積み上げたものをベースに、B3を勝ち抜き、B2に上がれるチームを作っていきたい」と話した。
 来季運営は約8000万円の予算規模だが「B2昇格のためにも1億円以上の収益が上げられる活動」(園田会長)を目指す。ホームゲームのチケットやスポンサー収入が大きな収益の柱となる中「フロントスタッフを強化し、選手、スタッフがより地域の行事などにも積極的に参加して、県民に応援され、育ててもらうチームにしていきたい」と園田会長は語っていた。

スポンサーサイト

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/2235-722282b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック