鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
奄美プラムを知事に贈呈(奄美新聞掲載)
「奄美プラム」を三反園知事に贈呈
親しまれる愛称を

170609奄美プラム01_040
 大和村の奄美プラム(スモモ)の出荷が始まり、6月9日は伊集院幼村長らが鹿児島市の県庁で三反園訓知事にプラムを贈呈し、PR活動への協力などを呼び掛けた。

170609奄美プラム02_040
 大和村は県内最大のプラムの出荷量がある。今年は昨年末の天候の影響などで例年の7割程度と収穫量が少ないが「各農家の努力で3L以上の大玉が多く獲れるようになり付加価値がついた」(伊集院村長)。試食した三反園知事は「酸味があって美味しい」と話し、宮崎のマンゴーが「太陽の卵」の名前で全国に知られるようになったことを例に挙げ「この形状からイメージできる愛称を募集してみてはどうか」とアドバイスしていた。
 10日は同市西谷山の「おいどん市場谷山館」でプラムや加工品の販売などのPR活動を実施する。18日には収穫体験や加工品販売などをメーンとした「スモモフェスタ」も予定されている。伊集院村長は「プラムを生かした体験型観光などをこれからも企画していく。親しまれる愛称も今後ホームページなどで公募していきたい」と話していた。

スポンサーサイト

テーマ:奄美大島の旅行 - ジャンル:地域情報

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/2236-28521c07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック