鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
17南九州高校陸上第3日
2年生・杉山(鹿南)、52m12でV・男子ハンマー投
170617-1男子ハンマー_040

170617-2女子800_040
 2017年度全九州高校総体陸上南九州地区予選大会第3日は6月17日、熊本市のえがお健康スタジアムであった。
 男子ハンマー投は2年生の杉山優馬(鹿児島南)=写真上=が52m12で優勝した。女子八百では久田ちひろ(神村学園)、松元遥香(鹿児島)、河野萌衣(樟南)=写真下=が2-4位でインターハイ出場を決めた。石原龍聖(鹿児島南)は7m18で2位だった。
 最終日は17日、同会場である。


※成績の詳細は熊本陸協のHPを参照
170617-3男子ハンマー_040
男子ハンマー投 ①杉山優馬(鹿児島南)52m12

70点の出来
杉山

 公式戦での自己ベストを更新しての優勝に杉山は「先輩たちに勝てて良かった」と喜んだ。
 県予選で出した48m83はランキングでは4番手の記録だったが、1投目で52m12といきなり自己ベストを大きく塗り替えた。「先生からのアドバイスをしっかり考えながら投げることができた」。下半身を安定させるように左脚の軸にしっかりと体重を残し、上体が流れないように顔を残すことをしっかり意識できた。
 優勝はできたがトータルの評価は「70点の出来」と厳しめ。1投目で記録を出せたが残り5投でこの記録を上回ることができなかった。「欲が出てしまって、顔が残らずに上体が流れてしまった」のが-30点の反省点だった。
 川床中時代は野球部員。「無理やり出された」中3の出水地区大会の砲丸投で4位に入り、県大会でも4位になった姿が鹿児島南の新開浩一監督の目に留まり、スカウトされた。高校では監督の勧めでハンマーに取り組み、2つ上の小川智之のカッコ良さに魅せられて本気で取り組む気になった。インターハイは「来年につながる大会にしたい」という。記録的に全国で勝負するにはまだまだ改善の余地があるが「決勝に進みたい」と大望を抱く。

170617-4女子800_040
女子八百 ②久田ちひろ(神村学園)2分16秒13 ②松元遥香(鹿児島)2分16秒71 ③河野萌衣(樟南)2分16秒71

「あと一歩」に課題・久田
周囲に感謝・松元

 久田にとっては2位の喜びよりも、僅少差で7位だったチームメート山田のことが気がかりで「2人で一緒にインターハイに行けなかった」悔しさの方が大きかった。
 序盤から積極的にレースを引っ張ったが、残り150m付近で津留(有明・熊本)に前に出られ2位に甘んじた。上位3位を独占するはずだった千五百でもあと一歩で4位と、インターハイ出場は決めたが、2種目とも終盤の競り合いをどう制するか、課題が明確になった。
 中学時代までバレーボール部員だった松元にとっては、2年3カ月の集大成でインターハイの切符を手にし「支えてくれた人に感謝」を示したレースになった。
 終盤勝負になることは予想できていた。ラスト100mの地点に鹿児島の他の部員たちが陣取って「よーい、ドン!」とスパートをかける合図をしてくれたおかげで、混戦の中でも冷静に動きを切り替えて競り合いを制することができた。
 特進クラスで、ゼロ限の授業もあるため朝練習にも参加できないなど、ハンディーはあったが「宇都先生がマンツーマン指導してくれた」ことが実力をつける源になった。貧血のため病院への付き添いや食事のことなどを常に考えてくれた献身的な両親をはじめ、支えてくれた人すべてに結果で恩返しできたことを何より喜んでいた。

170617-5男子幅跳_040
男子走幅跳 ②石原龍聖(鹿児島南)7m18
170617-5男子幅跳2_040
⑥有村拓巳(同)7m05

 石原
「県予選に比べると反省点が多い。4回目で7m18を出した時は着地して横を見ると7m30付近だと勘違いして思わず叫んでしまった。後で動画を見たら踏み切りが前であと5-10cm前だったら7m30ぐらいの記録は出せていた。記録を出そうと力み過ぎた。四継も準決勝トップのタイムだったのに1位を逃した。インターハイは幅と四継、2種目で入賞を狙う」

170617-6女子円盤投_040
女子円盤投 ③谷口詩音(大口明光)37m39
170617-6女子円盤投2_040
⑤黒飛芙久子(鹿児島女)34m09

 谷口
「嬉しいと悔しいのと、気持ちが両方。1投目がファールで死ぬかと思うほど動揺したが、2投目はとにかく記録を残そうと置きにいったら35m55と決勝に残れそうな記録を出せて落ち着いた。4投目は推進力を生かして公式戦のベスト記録を出せた。入りが悪く、40m台を出せなかったは反省。40m台の記録と8位以内入賞がインターハイの目標です」

170617-7男子800_040
男子八百 ③福島碧海(鹿児島工)1分57秒78 ⑥弓削佑太(鹿児島南)1分58秒05

170617-9女子5000W_040
女子五千競歩 ④森山奈緒子(鹿児島南)25分08秒20

 森山
(県予選より3分以上縮める)「県の時は失格しないようフォームのことだけ考えていた。今回は4位以内に入れないなら、失格になってもいいぐらいの気持ちで積極的なレースができた。1キロ4分45秒のインターバルなどの練習の成果で25分台の自己ベストが出せた」

スポンサーサイト

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/2245-c7d47a8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック