鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
奄美春秋



※管理人が奄美新聞に書いたコラムです。

 先日亡くなった壽の利おばちゃんのお通夜があった。筆者・政の祖父と同じ龍郷町大勝の出身。30年以上前に亡くなった夫の則おじちゃんと祖父とも同郷で、奄美が本土復帰する前後に一緒に沖縄に渡り、今でいうところのコミュニティーエフエムのようなラジオ局を立ち上げて仕事をしていた。
 住まいも同じ長屋に住んでいたので、政家5人、壽家3人、両家の子供たちはお互いが兄弟、姉妹のような関係だったという。その後祖父らは沖縄が日本復帰する前後に鹿児島にやってきてそれぞれ新たな事業を始めた。仕事は別だったが住まいは同じ鹿児島市の新屋敷町。幼い頃の筆者にとっては新屋敷の壽家も「親戚の家」であり、則おじの孫である大吾兄が毎年夏休みに京都から帰省すると、よく遊んだことを覚えている。
 お通夜は壽家、政家を中心に親族だけのこじんまりした集まりで、故人を偲んで昔話に花が咲いた。こういうときにありがちなのはお互いの正確な血縁関係がよく分からないということだ。そもそも祖父と則おじがどういう関係だったのか、確信に至っていない。従兄弟だという人もいれば又従兄弟という説もある。
 いずれにしても奄美を出た同郷同士の絆の深さと、それぞれの身を立てて今の自分があると思うと頭が下がる。良い機会なので先祖のたどった足跡をたどる意味でも政家、壽家の正確な家系図を、時間をみつけて作ってみようと思った。
スポンサーサイト

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/2277-875dc4e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック