鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
17県中学総体バレーボール
朝日・田検が初V・男子
女子・重富も初の栄冠

170727バレーボール朝日田検02
 2017年度鹿児島県中学総体バレーボールは7月25-27日の3日間、姶良市の蒲生体育館などで熱戦が繰り広げられ、男子は朝日・田検=写真=、女子は重富がともに初の栄冠に輝いた。
 男子決勝リーグは最終戦で1勝1敗の朝日・田検と2勝の吉野東が対戦。朝日・田検が2-0でストレート勝ちし、2勝1敗で並んでセット率で上回って初優勝だった。女子決勝リーグは重富が3戦全勝だった。
 男子の朝日・田検、吉野東、女子の重富、山崎が九州大会(8月5-7日・鹿児島)に出場する。


※成績の詳細は県協会HP参照!
粘りの逆転V
朝日・田検(奄美新聞掲載)

170727バレーボール朝日田検_040
 朝日・田検は決勝リーグ2戦目の花岡戦を1―2で落とした。優勝するためには最終戦で、2戦全勝の吉野東に勝つだけでなく、2―0でストレート勝ちしなければならない。
 苦しい状況だったが、朝日・田検はここで驚異的な粘りをみせる。序盤、一進一退が続いた中、時田の技ありのブロックが決まって初めての連続ポイントで6―5とすると、エースアタッカー・中尾主将の強烈なスパイクが決まるなど、ここからリズムに乗って一気に突き放す。
 セッター山下が巧みにトスを上げ、柳、前田祥らが強烈なスパイクを決めた。中でも中尾主将は左から繰り出すスパイクだけでなく、変化をつけたサーブ、粘りのレシーブと攻守に大車輪の活躍でチームを盛り上げた。第1セットを25―16で取り、第2セットもその勢いで先手を取った。中盤2点差まで追い上げられるも踏ん張り、最後は中尾主将のスパイクが決まって25―19でものにし、見事ストレート勝ちで栄冠を手にした。
 最後に全員で整列し応援席の保護者らにあいさつ。「応援のおかげで3日間戦えた」と中尾聡志主将はお礼を述べると同時に「僕たちが目指しているのはここではない。次の九州大会で3月の時にはできなかったことをやり切りたい」と早くも、全国大会出場がかかる九州大会へ、気持ちを切り替えていた。

スポンサーサイト

テーマ:バレーボール - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/2289-fb987074
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック