鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
甲子園レポート・神村、初戦突破!
神村、5年ぶり夏勝利!
「地に足つけた野球、できた」


 5年ぶりに夏の甲子園に出場した神村学園は初戦で京都成章に劇的な九回サヨナラ勝ちだった。3得点の勝利は今大会の初戦全試合で最少得点。強打の神村のイメージからすると真逆の印象もあるが、チームの掲げる「守備からリズムを作る」野球で好投手を攻略した理想的な勝ち方だったともいえる。


詳細な観戦レポートと写真は「高校野球ドットコム・鹿児島版」に掲載!

ドットコムのレポートはこの文字をクリック!
 序盤、三回までは毎回先頭打者を出しながらも、打線のつながりを欠いた。先発の青柳貴大は8四死球を出すなど制球に苦しんだが、チェンジアップを効果的に使いながら、京都成章打線に狙い球を絞らせず、三回の1失点のみで切り抜けていた。

 理想に掲げる「守備からリズム」ができたのが六回の攻防だった。六回表、二回以降毎回走者を背負う苦しい投球が続いていた青柳が、明らかに投球のテンポを速めて三ゴロ、連続三振とテンポ良く三者凡退で打ち取って裏の攻撃につなぐ。
 その裏、一死から3番・田中怜央那が死球。臨時代走で2番・羽月隆太郎が一塁に歩き、4番・前畑太壱がエンドランでセンター返しの打球を放ち、一三塁と初めて三塁に走者を進めると、6番・田中祐大が逆転のライトオーバー三塁打を放った。これまで京都成章のエース北山の球威のある速球に振り負けて空振り三振や凡だが続いていた打線だったが、田中祐は2ストライク追い込まれながら高めの直球を鋭く振り抜いた。

 七、八回はピンチを背負いながらも粘り強く守って得点を許さなかった。八回は二死から満塁となったが、リリーフした2年生右腕・中里琉星が投直で打ち取る。九回は簡単に二死となり、このまま2-1で勝ち切るかと思われたが、3番・茂木に右中間スタンドに運ばれて同点に追いつかれた。「失投を打たれた。すごい当たりだった」と中里も脱帽の一打だった。
 それでも勝ち越しは許さず、その裏、神村は六回に殊勲の逆転打を放った6番・田中祐が内野安打で出塁。連続バント攻撃で一死二三塁とし、9番・中里の三塁への緩いゴロ(※記録は内野安打)で三走・田中祐が果敢に本塁に突っ込み劇的なサヨナラ勝ちを決めた。

 リードは1点、一三塁、カウント1ボールの場面でリリーフに送られた中里だったが「自分がマウンドに行くのはピンチの場面なので準備はできていた。地に足がついた野球ができた」と言う。
 ふとNHKの放送で、マネジャーが語るチーム紹介のシーンを思い出した。全員で座禅を組み淡々とチームを語る姿はどこのチームにもないものを感じた。鹿児島大会決勝戦、途中出場で貴重な同点打、本塁打を放った前畑は「自分の出番が来る前に座禅を組んで気持ちを落ち着かせた」という。中里もそうしたかどうかは分からないが、自分の役割をきちんと認識し、準備し、投球に加えてバットでも「チームの勝利に貢献する」プレーをやってのけた。安打数は2桁いかなかったが、県大会を苦しみながら勝ち抜いてきた中で培った「粘り強さ」(小田大介監督)を発揮した勝利だった。次戦の明豊(大分)との8強入りをかけた九州対決も楽しみになってきた。

スポンサーサイト

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/2300-c9d316d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック