鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
球秋2017第6日
鹿屋農、完封勝ち!
鹿児島商、志布志、加治木などコールド勝ち

170926-8加治木6点目・濵田2ラン_035
【2回戦・7校連合―加治木】1回裏加治木二死三塁、2ランを放った8番・濵田(右)=鴨池市民

 第141回九州地区高校野球大会鹿児島県予選第6日は9月26日、鹿児島市の鴨池市民、日置市の伊集院、姶良市の姶良、3球場で2回戦8試合があった。


詳細な観戦レポートと写真は「高校野球ドットコム・鹿児島版」に掲載!

第6日の結果報告はこの文字をクリック!
指宿―鹿商戦はこの文字をクリック!
7校連合―加治木戦はこの文字をクリック!
鹿高専―徳之島戦はこの文字をクリック!
大口―鹿南戦はこの文字をクリック!
志布志―与論戦はこの文字をクリック!
神村―川内戦はこの文字をクリック!
種子島―出水商戦はこの文字をクリック!
国分―鹿屋農戦はこの文字をクリック!

◇26日の結果
・2回戦(鴨池市民)
鹿児島商 7-0 指宿(7回コールド)
加治木 11-0鹿児島東・開陽・修学館・鹿高特支・加世田常潤・市来農芸・串木野(5回コールド)
徳之島 3-1 鹿児島高専
・2回戦(伊集院)
鹿児島南 11-1 大口(5回コールド)
志布志 15-1 与論(5回コールド)
神村学園 9-0 川内(7回コールド)
・2回戦(姶良)
出水商 4-3 種子島
鹿屋農 4-0 国分

◇27日の試合
・3回戦(鴨池市民)
9:00 武岡台―樟南
11:20 鹿児島中央―加世田
13:40 枕崎―出水中央
・3回戦(伊集院)
9:00 鹿児島実―鹿屋工
11:20 奄美―鹿児島工
13:40 薩南工―錦江湾




「壁」を乗り越えろ!
徳之島

170926-17徳之島伝令_035
 1点を追いかける六回裏。一死三塁、カウント2ボール2ストライクとなったところで、徳之島・吉田公一監督はタイムを取って、エース仁礼を呼び寄せ、打席の4番・太良優伸主将へのメッセージを伝えた=写真=
 「夏の大会の悔しい場面を思い出して、その壁を乗り越えて欲しかった」と吉田監督。夏の鹿児島商戦の七回、同じように三盗が決まって一死三塁と絶好の先制機を作ったが、遊ゴロに倒れ生かせなかった。カウントも同じ2ボール2ストライク。打撃不振で、この日も初回の好機に併殺に倒れ、この打席でも凡フライのファールを打ち上げるたびに、いら立ちを隠せなかった。苦悩がありありと伝わってくる主将に、あえて悔しい思い出を想起させて奮起を促した。
170926-18徳之島1点目_035
 「外野に打つ意識で打て!」。仁礼が考えたメッセージだった。当たりは良くなかったが、外野が長打警戒で後ろに下がっていた分、中前に落ちる同点適時打=写真=となった。
170926-25徳之島3点目・加の二塁打_035
 5月のNHK旗初戦の尚志館戦の三回に先制して以降、無得点が続いていたが、21イニングぶりに得点を挙げることができた。この試合も「1点が遠い」苦しさを感じながら、太良主将はプレーしていたという。同点に追いついても畳みかけることができず、勝負は終盤までもつれたが、八回、7番・加の左越え二塁打=写真=で勝ち越した。
170926-24徳之島伝令_035
 加の打席では太良主将が吉田監督の伝令を伝えた=写真=。1ストライクからはエンドランもあるという戦術の確認と「ゾーンを上げて、ボールに食らいつけ」という心構えを伝えた。加は2ボールからストライクを取りにきたボールを逃さず左越えに運んだ。
 4月に吉田監督が引き継いでからようやく県大会初勝利を挙げた。反省点の多い内容だったが「まず1つ勝つことが次につながる」と喜ぶ。太良主将は「接戦の方が、緊張感も高まり、これからの試合にもつながる」と前向きに考え、更なる壁に挑む決意を固めていた。

スポンサーサイト

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/2345-00ee272a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック