鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
球秋2017第12日
鹿商、集中打でシード徳之島下す!
171002-21鹿商勝利・横谷_035
【4回戦・鹿児島商―徳之島】完投勝利を挙げ、ガッツポーズする鹿商のエース横谷=鴨池市民

 第141回九州地区高校野球大会鹿児島県予選第12日は10月2日、鹿児島市の鴨池市民、日置市の伊集院、両球場で4回戦4試合があった。


詳細な観戦レポートと写真は「高校野球ドットコム・鹿児島版」に掲載!

第12日の結果報告はこの文字をクリック!
鹿屋中央―川辺戦はこの文字をクリック!
鹿商―徳之島戦はこの文字をクリック!
出水商―鶴丸戦はこの文字をクリック!
神村―鹿屋農戦はこの文字をクリック!

◇2日の結果
・4回戦(鴨池市民)
鹿屋中央 11-1 川辺(5回コールド)
鹿児島商 6-4 徳之島
・4回戦(伊集院)
鶴丸 12-3 出水商(7回コールド)
神村学園 10-0 鹿屋農(7回コールド)

◇3日の試合
・準々決勝(鴨池市民)
10:00 鹿児島実―薩南工
12:30 鹿屋中央―鹿児島商




持ち味出すも惜敗
「劣勢、引きずった」
徳之島(奄美新聞掲載)

171002-8徳之島1点目_035
 過去2戦、先制されていた徳之島は「先に点を取る」(吉田公一監督)ことをテーマに掲げていた。初回、相手のミスでもらった好機に4番・廣=写真=、5番・福田の連続適時打で2点を先取する。
 上々の立ち上がりだったが、その裏に落とし穴があった。二死三塁から適時打を浴びたのを皮切りに、7連打で6点を失う。ゲームを作れることを買って、3戦連続で背番号7の左腕・友野を先発させたが「どこかで抑えてくれるだろうと思っているうちに交代の時期を見失った。私の采配ミス」(吉田監督)。
171002-16徳之島・仁礼_035
 リリーフした仁礼=写真=が好投し、追加点を許さなかっただけに次の1点を早目に、相手より先に取りたかったが、二、三回とその好機を生かせなかった。「強いチームはリードされてもすぐ取り返して劣勢の時間が短い。劣勢の時間を引きずりすぎた」と吉田監督は悔しがった。
171002-18徳之島3点目・米谷ソロ_035
 中盤以降、雨が降り出し、直球主体になった相手エースをとらえ始めた。だが、スクイズ失敗、良い当たりが正面を突くなどで得点にならない。それでも八回、6番・米谷竜輝=写真=が左翼席に大きな放物線を描くソロを放った。187cmの長身で新チーム結成から5試合で5本塁打を放つなど、将来性を期待される打者だ。
 三回の得点機に打てなかっただけに、「自分で打って流れを変える」ことだけを考えて無心で打った。春に続く2季連続の8強入りは逃したが「徳高は底力があるチーム。もっと力をつけて、春以降は8強以上が当たり前といえるようなチームになりたい」と雪辱を誓っていた。

スポンサーサイト

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/2354-4e850609
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック