鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
「デンチャーブラシ」誕生!
入れ歯を楽しく磨こう!
アジャストが入れ歯磨き器を開発
「デンチャーブラシ」

171019デンチャーブラシ01_035
 鹿児島市の有限会社アジャスト(福留博文・代表取締役社長)が入れ歯磨き器「デンチャー(入れ歯)ブラシ」=写真=を開発した。時間と手間のかかる入れ歯の手入れが、簡単に短時間で済む画期的な発明で、昨年5月には製法特許も取得。福留さんは「入れ歯磨きは簡単で楽しいものだと思う人が増えて欲しい」と期待している。




 口腔内は雑菌が繁殖しやすく、入れ歯を清潔に保つことは健康維持にも欠かせない。手入れを怠ると誤嚥性肺炎などの重大な疾患を起こす危険性も指摘される。だが通常の歯ブラシなどで磨くには相当な時間と手間がかかる上に、汚れをきちんと落とし切れないことも多い。福留さんは、ある介護施設を訪問して「手の不自由な男性が、歯ブラシでただつついているだけの姿に涙が出そうになった」という。
171019デンチャーブラシ02_035
 歯科技工士の福留さんは9年ほど前、入れ歯を作成しながら、高齢者でも手軽に簡単にメンテナンスできる入れ歯磨き器のアイディアを思いついた。入れ歯の形状に合わせてブラシを円形に配置。ブラシにはめて数分間片手で回すだけで、効率よく歯垢などの汚れを落とせるようになった。
 開発段階で困難を極めたのは「ブラシの植毛」(福留さん)だった。使用する毛束は大量、かつ繊細な加工が必要になってくる。全国各地のメーカーを訪ねては断られる日々の中で、歯ブラシなど介護用品を製造・販売を手掛ける株式会社ファイン(東京)が開発に協力してくれた。
171018デンチャーブラシ01_035
 「入れ歯は磨かないといけないもの。どうせするなら手軽で楽しい方がいい。手を回すことは認知症の予防にもなる」と福留さん。9月から販売も開始し、県内はカクイックスウイングの店舗で取り扱っている。デンチャーブラシに関する問い合わせはアジャスト販売事業部(電話・090―3192―6305)へ。

スポンサーサイト

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
福留さんあっぱれ!
いつも喜怒哀楽の喜と楽しかみんなに見せない福留さん.
「手の不自由な男性が、歯ブラシでただつついているだけの姿に涙が出そうになった」
ひとの苦労,難儀されているところをちゃんと見ていらっしゃったんですね.
福留さんにも10拍手!
2017/10/21(土) 09:47:37 | URL | シラサカ #5ZiVI.d.[ 編集]
Re: 福留さんあっぱれ!
 人が困っていること、悩んでいることに解決の手を差し伸べること。仕事の基本を教わりました。
2017/10/22(日) 05:50:42 | URL | 政純一郎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/2375-53687407
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック