鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
奄美トレイル・シンボルマーク(奄美新聞掲載)
奄美の「自然、動物、文化」を表現
勝野さん


171113奄美トレイル01_025
 「世界自然遺産 奄美トレイル」のシンボルマークデザインコンテストの表彰式が11月13日、鹿児島市の県庁であった。最優秀賞を受賞した福岡県在住のデザイナー・勝野佑香さん(24)に三反園訓知事から表彰状などが贈られた。




 「奄美トレイル」は奄美群島をつなぐ長距離の自然歩道で現在コース選定が進められている。県では、トレイルの認知度向上と奄美の世界自然遺産登録に向けた機運向上を目指して、3月27日から5月23日まで約2カ月間、シンボルマークのデザインを募集。県内外から273作品が寄せられた。
171113奄美トレイル03_025
 最優秀賞に選ばれた勝野さんの作品は、中央に太くて丈夫な大樹の幹を道に見立てて、アマミノクロウサギ、ソテツ、シマオオタニワタリなど奄美の自然や動物をバランスよく配した。「奄美の自然、動物、文化を分かりやすく表現したかった」と勝野さん。デザイナーの仕事をして初めての受賞であり「お世話になった人たちに感謝したい。奄美にはまだ行ったことがないけれどもぜひ行ってみたい」と感想を話していた。
 シンボルマークはトレイルマップやルート上の標識などに使用されるほか、日本エアコミューターの奄美群島各路線で使用する航空機の一部にも掲出される。

171113奄美トレイル02_025
スポンサーサイト

テーマ:鹿児島 - ジャンル:地域情報

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/2421-6dfd9711
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック