FC2ブログ
NPO法人スポーツかごしま新聞社オフィシャルサイト

ギャラリーショッピング
17年度高校野球指導者研修会
「失敗」から学ぶ
高松商・長尾監督が講演
高校野球指導者研修会

171209指導者研修01_035
 今年度の鹿児島県高校野球指導者研修会が12月9日、鹿児島市の樟南高多目的ホールであった。15年の明治神宮大会優勝、16年センバツ準優勝を成し遂げた高松商(香川)の長尾健司監督=写真=が「やる気を引き出し、個性を生かす~自ら考える人間力育成~」と題して講演。高校野球指導者だけでなく、中学野球の指導者、大学生ら、約120人が参加し、熱心に学んでいた。





高校野球ドットコムでもレポートを掲載!




171209指導者研修02_035
 長尾監督は、国体の後で教員の採用がない時代があり7年間、講師をしていた。講師1年目に自分が体育の授業を持っていた生徒が授業の後で手首を切ったことがあった。生徒の変化に気づけなかった自分を反省。「鈍感は最大の罪である」と以後、注意深く生徒を観察し、声を掛けてコミュニケーションを積極的にとって、洞察力や先見性を磨くきっかけになった。
 正式採用になって21年間は中学校教諭として勤務。附属坂出中時代は。「気づきがないのは教師の責任」と意識改革し、自ら学ぶ姿勢や練習の考え方を変え、1時間しか練習のできない環境の中で県大会優勝などの実績を残した。
 「『失敗』と書いて『せいちょう』と読む」と野村克也氏の言葉を紹介し、「失敗してダメになった人より、成功してダメになった人の方が多い」と挑戦と失敗を繰り返しながら、学び成長することの大切さを説いた。
171209指導者研修06_035
 樟南二の泊和馬監督はタイトルの「人間力」に惹かれ、前夜のフェリーに乗り当日帰る強行日程で参加した。質疑応答で「人として大切にしていることは?」と問うと「感謝の気持ちを持つこと。家族を大切にすること。生き物の命を大切にすること」と答え、捨て猫やケガをした犬を助けたときに、県大会で優勝できたエピソードなどユーモアを交えながら話していた。今は県大会で勝利を挙げることを目指している樟南二だが、泊監督は「いつか対戦してみたい」とやる気をかきたてられた様子だった。

スポンサーサイト



テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/2452-5aae5c25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック