NPO法人スポーツかごしま新聞社オフィシャルサイト

ギャラリーショッピング
第5回かごしま・人・まち・デザイン賞(奄美新聞掲載)
国頭小(和泊町)、松元組(奄美市)が大賞を受賞
TAMASU(大和村)は優秀賞
第5回かごしま・人・まち・デザイン賞

180208デザイン賞02_025
 「第5回かごしま・人・まち・デザイン賞」の表彰式が2月8日、鹿児島市の県庁であった。景観づくり部門では日本一のガジュマルと共生する国頭小(和泊町)、都市デザイン部門ではカトリック名瀬聖心協会の改修を施工した松元組(奄美市)が、それぞれ最優秀の大賞を受賞した。NPO法人TAMASU(大和村)はフクギ並木などの景観を生かした地域づくりが評価され、景観づくり部門の優秀賞を受賞した。




 表彰式では三反園訓知事からそれぞれ受賞者に表彰状などが手渡された。三反園知事は「観光を掲げる鹿児島にとって景観は大切な要素。これまでの皆様の取り組みに感謝し、今後も一緒に鹿児島を元気にしていきましょう」と激励した。
180208デザイン賞01_025
 約120年前、第1回の卒業生が植樹したガジュマルは、太平洋戦争の空襲で校舎が焼けた際も、1977年の沖永良部台風でも生き残った生命力から「日本一のガジュマル」と称される。学校ではPTAの図書推進部が中心になり、親と子、上級生と下級生などで読み聞かせをする緑陰読書に取り組んだことなどが評価された。森田郁郎校長は「子供たちにもこの学校で育ったことが自信になる。これからもガジュマルのようなたくましい子供たちを育てていきたい」と受賞の喜びを語った。
 設立から約半世紀が経過した名瀬聖心協会は昨年、半年以上かけて改修工事が行われた。タイル張りの床や高い天井などが特徴で、夜になるとライトアップで夜景に映える点などが評価された。「思ってもみなかったので嬉しい」と松元利道代表取締役。「名瀬の中心にあり、誰でも気軽に中を見られるのでぜひ多くの人に見てもらって欲しい」と話していた。

スポンサーサイト

テーマ:鹿児島 - ジャンル:地域情報

コメント
この記事へのコメント
名瀬聖心教会:この様な建物が名瀬にあったんだなあ,と初めて知りました.奄美に行く機会がなくて残念です.
2018/02/10(土) 11:35:25 | URL | シラサカ #-[ 編集]
僕もそんな教会があるのは何となく目にしたことは覚えていますが、ちゃんと見たことはありません。次に行く機会があったらちゃんと見てこようと思います。
2018/02/19(月) 13:16:54 | URL | つかさ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/2508-6cf56af2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック