鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
新ユニホームお披露目(奄美新聞掲載)
アイズ・カンパニーが鹿児島代表ユニホームを制作
県バスケット協会とパートナーシップ提携

180213新ユニホーム01_025
 奄美市でバスケットボールウエアなどの製造を手掛けるアイズ・カンパニーが鹿児島県バスケットボール協会と2020年鹿児島国体に向けてのパートナーシップを締結した。2月12日に鹿児島市のジェイドガーデンパレスであった決起集会「突き抜けろ! 鹿児島バスケプロジェクト」では、全国ジュニアオールスター大会(3月28―30日・東京)に出場する中学生が同社の製作した新ユニホームを着用し、お披露目した。




180213新ユニホーム03_025
 男子は青、女子は水色を基調とし、男子は太目、女子は細めのラインをあしらう。赤のラインには桜島の情熱を込めた。「男子はパワフルな力強さ、女子は繊細さと調和をイメージした」とデザインを担当した田中明子さん。東後藤優志郎(清水中)は「かっこよくてやる気が出る」と感想。奄美から代表チーム入りした園田陽介(小宿中)は「全国大会で学んだことを奄美に伝えたい。鹿児島の代表として出るからには良い結果を残してくる」と全国大会への決意を述べた。
180213新ユニホーム02_025
 今後の国体では、成少年男女がそれぞれ同じデザインのユニホームを着用する。同社の園田明会長は「ユニホームは、選手たちが県民の想いを背負って戦うときにまとう鎧。そのお手伝いができてありがたい」と話していた。
スポンサーサイト

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/2513-388bc553
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック