FC2ブログ
NPO法人スポーツかごしま新聞社オフィシャルサイト

ギャラリーショッピング
奄美春秋



※管理人が奄美新聞に書いたコラムです。

 大河ドラマ「西郷どん」で興味深いシーンがあった。江戸に出てきた吉之助が、幼馴染の大山格之助、有村俊斎と再会する。先に江戸に出ていた俊斎が急に江戸訛りでしゃべり出し、それを格之助が「おかしかどぉ~」と茶化す。

(有)南日本音響・カラオケ「ビッグバン」

 地方から中央に出てきた人の訛りが標準語に変わる、変わらずに苦労する。元々が訛りの強い地方の出身であることを際立たせる演出として現代のドラマでもよくある。俊斎役の高橋光臣さんは大阪、格之助役の北村有起哉さんは東京の出身。自然に話せる江戸訛りを不自然に、自然に話すのが難解な薩摩訛りで会話する。こんなところまでこだわっているのかと感心した。
 20年以上前、予備校生だった頃、友人と福岡に受験に出かけて、お店で食事を注文したとき、友人から「訛っているぞ!」と注意されて「鹿児島人が鹿児島弁でしゃべって、ないがわりーとよ!」と憤ったことを思い出す。4年間、京都の大学で過ごし、関西弁をはじめ、全国各地の方言の多様さを肌で感じた。
 鹿児島の方言考証は難しいとされるが、いい加減な考証で妙な鹿児島弁でセリフを言うドラマを見ていると、残念な気持ちになる。前述の格之助と俊斎のシーンも演技している感はあるが、真剣に本物に近づけようという意気込みは伝わった。「西郷どん」は方言が分かりづらいという批判もあるが、個人的には地域の文化を尊重しようとする真摯さを評価したい。
スポンサーサイト



テーマ:大河ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/2544-84c9a30f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック