FC2ブログ
NPO法人スポーツかごしま新聞社オフィシャルサイト

ギャラリーショッピング
2018J3第2節
4得点快勝で今季初白星!
永畑が2得点
鹿児島U

180317鹿児島U01
 サッカーの2018J3リーグ第1節は3月17日、全国各地で7試合があった。鹿児島ユナイテッドFCは鹿児島市の県立鴨池陸上競技場でガンバ大阪U23と対戦。4―1で勝利し今季初白星を挙げた。
 開幕戦黒星スタートだったが鹿児島Uは開始早々にPKを得て、FWキリノが決めて先制。16分にはMF永畑=写真=が頭で押し込み追加点を挙げた。1点を返されたが、MF吉井、永畑が追加点を奪い、4得点と大きくリードした。後半は両者追加点が奪えず、3点差の快勝だった。
 鹿児島Uの通算成績は1勝1敗で勝ち点3。第3節は21日、福島ユナイテッドFCとアウエーで対戦する。


◇第2節
鹿児島U 4-1 G大阪U23
   (4-1、0-0)
・得点者【鹿】キリノ、永畑2、吉井【大】菅沼


※試合の詳細はJリーグ公式サイトで!



1週遅れの「開幕」を実感
攻守連動で4得点
鹿児島U

180317鹿児島U02
 前節から1週間遅れたが「ようやく2018年が開幕した」(三浦泰年監督)と実感できた今季初白星だった。
 ホーム開幕戦を良いところなく完敗し、「危機感を持って選手もスタッフもこの1週間準備してきた」と三浦監督。チームでも選手同士でも何度もミーティングを重ね、やるべきことを確認し、身体を動かした。
 良い守備からの攻撃は「我々が最低限やるべきこと」(MF永畑祐樹)である。開始早々にMF永畑が相手のペナルティーエリア内でボールを奪うと、慌てた相手が後ろから永畑を倒して値千金のPKを得た。この後、2得点を挙げているが「得点よりも自分らしいプレー」と胸を張った。
 前半挙げた4得点は、いずれも厳しく守って攻撃につなげる、攻守が連動して奪ったものだ。得点こそ挙げられなかったが、キリノ、アレックスの大型ブラジルコンビのFWはGKへのバックパスにも積極的にプレスし、チームのために身体を張った。「2トップが前をつぶしてくれたので、中盤の我々がどんどん前に出られた」と2アシストのMF五領淳樹。「攻めながら守るから2次攻撃、3次攻撃ができた」と今季初スタメンのDF田中奏一は分析する。攻撃こそ最大の防御だった前半で勝機を大きく手繰り寄せた。
180317鹿児島U07
 開幕戦を落とした悔しさから目を背けず「戦う気持ち」(三浦監督)を出した。開幕戦の夜は「悔しさで夜中に目が覚めた」永畑は、ピッチ上の選手で最も小さい165㌢の身長でヘディングシュートを2本決めた。「あんまり頭で決めることはないのですが…」と苦笑しつつも「小さいからこそ気持ちで負けない」姿勢をピッチで表現した。

【写真提供・鹿児島ユナイテッドFC】
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/2548-2ece4e34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック