FC2ブログ
NPO法人スポーツかごしま新聞社オフィシャルサイト

ギャラリーショッピング
球春2018第3日
川内・福永、7回参考完全試合
鹿屋工、大隅対決を制す!

180324-11奄美4点目_035
【2回戦・ラ・サール―奄美】6回表奄美一死一二塁、打者走者と野手が交錯する間に二走・福田が生還、4―3と勝ち越す=姶良

 第142回九州地区高校野球大会鹿児島県予選第3日は3月24日、鹿児島市の鴨池市民、姶良市の姶良、両球場で2回戦6試合があった。
 川内のエース福永颯汰(3年)は3校連合を相手に、7回参考ながら完全試合をやってのけた。鹿屋工は曽於との大隅勢同士の対決をものにした。奄美はラ・サールに逆転勝ち。出水中央、鹿屋農、第7シード樟南はコールド勝ちだった。
 第4日は25日、両球場で2回戦6試合がある。


◇24日の結果
・2回戦(鴨池市民)
川内 7-0 霧島・串良商・屋久島(7回コールド)
出水中央 8-1 薩摩中央(7回コールド)
鹿屋工 6-2 曽於
・2回戦(姶良)
奄美 4-3 ラ・サール
鹿屋農 18-0 鹿児島第一(5回コールド)
樟南 15-0鹿児島東・開陽・修学館・特別支援・加世田常潤・市来農芸・串木野(5回コールド)

◇25日の試合
・2回戦(鴨池市民)
9:00 鹿児島―鹿児島商
11:20 鶴丸―川内商工
13:40 鶴翔―れいめい
・2回戦(姶良)
9:00 鹿児島中央―薩南工
11:20 徳之島―加治木工
13:40 沖永良部―明桜館


詳細な観戦レポートと写真は「高校野球ドットコム・鹿児島版」に掲載!



第3日の結果報告はこの文字をクリック!
ラ・サール―奄美戦はこの文字をクリック!
鹿屋農―鹿第一戦はこの文字をクリック!
樟南―7校連合戦はこの文字をクリック!
川内―3校連合戦はこの文字をクリック!
出水中央―薩摩中央戦はこの文字をクリック!
鹿屋工―曽於戦はこの文字をクリック!



住用小同級生同士が対戦
奄美・與島、ラ・サール・塩津(奄美新聞掲載)

180324-8奄美・與島_035
 奄美の與島瑠生=写真=とラ・サールの塩津駿人は住用小1―3年生までクラスメートだった。塩津が小4で転校して以来、7年ぶりの再会が県大会2回戦、本気の勝負の舞台で実現した。
180324-3ラ・サール1点目_035
 前夜にラインでつながり「お互い頑張ろう」と激励し合ったという。試合中、言葉は交わさなかったが、目が合うと笑顔で応えた。
先に「成長」をみせたのは塩津だった。四回の先頭打者で先制の口火を切る左中間二塁打を放つ。三回まで内野安打1本に抑えられていたが「球威も落ちていると思ったので直球を狙った」読みが的中した。相手のエラーで先制のホームを踏み=写真=、2本の長打で3点を先取した。
 奄美の劣勢を覆したのは與島の好リリーフだった。3点差でなお一死二塁の場面でマウンドに上がる。「2本目の長打が出た頃からリリーフがあると思って準備していた。捕手のミットだけ見て思い切り投げた」。後続を絶つと、九回一死まで1人の走者も出さない好投で試合を立て直した。
 3番・塩津との直接対決は五、八回と2度あり、いずれも初球を打って遊ゴロ、遊飛と與島に軍配が上がった。「直球を張っていると思ったので変化球を使った」と與島。狙い球は変化球だったが「思った以上にキレがあって打てなかった」と塩津は悔しがった。
 九回一死から三塁打を浴び一打同点のピンチを背負った與島だったが、「この日一番良いボール」だった左打者の内角低めで三振、最後の打者は投ゴロに打ち取って1点差を守り切った。「次の試合もきょうのような投球ができるよう準備していきたい」と與島。塩津は敗れた悔しさを感じつつも「2回も対戦できて楽しかった」と振り返る。「尚志館戦でも新聞に載るような活躍をして欲しい」とエールを送り「次に対戦するときは打てるように練習する」と雪辱を誓っていた。

スポンサーサイト



テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/2557-8b9db94e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック