FC2ブログ
NPO法人スポーツかごしま新聞社オフィシャルサイト

ギャラリーショッピング
球春2018第5日
池田、逆転サヨナラ勝ち!
大島、「奄美勢対決」を制す

180326-7池田3点目・鶴田二塁打_035
【2回戦・隼人工―池田】9回裏池田二死二三塁、1番・鶴田が中越え二塁打を放ち、逆転サヨナラ勝ち=鴨池市民

 第142回九州地区高校野球大会鹿児島県予選第5日は3月26日、鹿児島市の鴨池市民、姶良市の姶良、両球場で2回戦6試合があった。
 池田は隼人工に9回逆転サヨナラ勝ちだった。大島は喜界との同地区対決に1点差で競り勝った。甲南は鹿児島高専の終盤の追い上げを振り切り、鹿児島城西、鹿児島工、鹿屋は接戦をものにして3回戦に進んだ。
 第6日は27日、両球場で2回戦5試合がある。


◇26日の結果
・2回戦(鴨池市民)
池田 3-2 隼人工
鹿児島工 4-1 川辺
大島 4-3 喜界
・2回戦(姶良)
甲南 11-7 鹿児島高専
鹿児島城西 5-3 国分
鹿屋 4-1 加治木

◇27日の試合
・2回戦(鴨池市民)
9:00 錦江湾―加世田
11:20 川薩清修館・蒲生―古仁屋
13:40 種子島中央―鹿屋中央
・2回戦(姶良)
10:00 出水商―出水工
12:30 鹿児島情報―指宿商


詳細な観戦レポートと写真は「高校野球ドットコム・鹿児島版」に掲載!



第5日の結果報告はこの文字をクリック!
隼人工―池田戦はこの文字をクリック!
鹿工―川辺戦はこの文字をクリック!
喜界―大島戦はこの文字をクリック!
鹿高専―甲南戦はこの文字をクリック!
鹿城西―国分戦はこの文字をクリック!
加治木―鹿屋戦はこの文字をクリック!



「集中力、ついた」
大島
「みんなで野球」できた
喜界(奄美新聞掲載)

180326-18大島1点目_035
【2回戦・喜界―大島】4回裏大島一死一三塁、6番・泊の犠飛で三走・赤崎が先制のホームイン=鴨池市民


 大島・赤崎、喜界・竹下の両エースが好投でリズムを作り、互いに堅守で盛り立ててスキを作らない。初戦でどちらかが姿を消すのは惜しいと思えるほど、両者見ごたえのある攻防を繰り広げた。
180326-21大島4点目_035
 最後は大島の総合力が1点勝った。この春からエース番号を背負った2年生・赤崎が粘りの投球を披露。終盤押し気味に試合を進めながら、なかなか勝ち越し点が奪えなかったが、守備で先に勝ち越し点を与えなかった。八回は無死一二塁と畳みかける好機を作りながら2者凡退だったが、7番・泊、8番・田尾=写真=が連打でものにした。塗木哲哉監督は「ここぞというチャンスをものにする集中力がついてきた」と感じた。
 一方、喜界は昨秋に続く県大会勝利はできなかったが、中馬輝監督は「特定の誰かが目立つのではなく、みんなで野球ができた」手応えは感じられた。
180326-16喜界・竹下_035
 マウンドの竹下耕大主将=写真=は「後ろがしっかり守ってくれるので安心して投げられた」と立ち上がりから快調に飛ばした。六回は二死から連打が出て同点に追いつき、冬場の課題だった打力、勝負強さの向上を示した。八回に打ち込まれ3点差となり、勝負あったかに思われた中で、九回に粘りを見せた。先頭の6番・基島が中前打。7番・伊地知がエンドランを決め、暴投で二三塁とし2つの内野ゴロで1点差に迫った。同点、勝ち越しはできなかったが中馬監督の掲げた「スキを作らず、スキを突く野球」ができた。
 チームとしての方向性は間違っていない。次は相手を上回る「力」(竹下主将)を身に着けることが夏への課題だ。

スポンサーサイト

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/2562-73b2539c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック