FC2ブログ
NPO法人スポーツかごしま新聞社オフィシャルサイト

ギャラリーショッピング
B3リーグ2017-18ファイナルステージ第3節
延長制し、連勝!
レブナイズ

180408レブナイズ01_050
【レブナイズ―東京CR】第4クオーター、レブナイズは松崎がシュートを決めて、69―73と4点差に追い上げる

 男子プロバスケットボールのB3リーグは4月8日、ファイナルステージ(FS)第3節最終日の3試合があった。鹿児島レブナイズは鹿児島市の鹿児島アリーナで東京サンレーヴスと対戦。延長戦までもつれたが、86―82で勝利し、2連勝を飾った。
 前日同様、相手に先行される立ち上がりだったが、第2クオーターでダーネル、ベインの連続ダンクから盛り返す。高比良のシュートで45―43とし、2点差で前半を折り返す。第3クオーターでリードを広げきれず、逆に追い上げられて、第4クオーターでは11点差をつけられる場面もあったが、残り5分で盛り返して、終了間際にダーネルの連続ダンクで75―75とし、延長戦に突入。一進一退の攻防が続いたが、最後は集中力が途切れず、6点差でFS初の連勝を勝ち取った。
 レブナイズのFS通算成績は2勝4敗で順位は6チーム中4位。全ステージ通算成績は21勝27敗。第4節は14、15日、アウエーで埼玉ブロンコスと対戦する。


◇FS第3節
レブナイズ 86-82 東京CR
(19-22、26-21、11-12、19-20、11-7)


※試合の詳細はスポーツナビのサイトで!

※フェイスブックで熱戦フォトグラフがお楽しみいただけます!



「スタッツ」に表れない仕事
レブナイズ

180408レブナイズ21_050

 選手やチームの得点、リバウンド、シュート成功率などまとめたものを「スタッツ」という。前日の勝利の立役者・ダーネルは40得点、14リバウンドなど、スタッツに明確に記録されるプレーで貢献した。この日の終盤、劣勢の流れを盛り返せたのは、松崎圭介主将の「スタッツに表れない仕事」(林亮太アシスタントコーチ)がきっかけになった。
 前半リードして折り返し、第3クオーターでリズムをつかんで一気に離しかけた時間帯があった。高比良のフリースローが1本しか決まらず、10点差にし損ねてから、逆に相手が盛り返し、第4クオーターでは逆に11点差つけられた。
 原因は「リバウンドとターンオーバー」と林コーチ。勝負所でリバウンドを相手に取られて押し込まれたり、不用意なパスミスなどで攻撃が相手に移る。攻守の歯車がかみ合わなくなる時間帯があった。「気持ちが緩み、集中力が切れた」(松崎主将)時間帯だった。
180408レブナイズ13_050
 第4クオーター残り5分あまり、ダーネルが無理なシュートを打って、リバウンドを相手選手がとった。松崎はリバウンドをとった選手にプレッシャーをかけ、トラベリングの反則を誘う。レブナイズが攻撃を継続し、館山のシュートが決まって、62―71と1桁の点差に戻すことができた。
 リバウンドから速攻を出されれば、挽回不能な点差に広がりかねないところを救った「スタッツに表れない」仕事だった。流れが悪かった時間帯、「チームを鼓舞できなかった」ことに松崎主将は責任を感じていた。チームファールもかさんでおり、ファールができない中で「チームメートが早く守備に戻れるように少しでも相手の動きを遅らせよう」プレッシャーをかけたことが相手のミスを誘った。
 コートに立てば「守備から!」と誰よりも声を出し、フルコートで走り続けた。その姿がチームにも乗り移る。守備の集中が攻撃にもリズムをもたらし、土壇場で同点に追いついて、延長戦を制する力になった。
180408レブナイズ18_050
 2日間、「レブナイズらしい試合ではなかった」(玉田博人副主将)が、悪い流れをコートにいる選手たちで修正できたのは大きな収穫といえる。埼玉、東京EX、八王子、大塚商会、上位チームから白星をもぎ取るためにも「勝ちを自信に」(林コーチ)してレブナイズらしい試合をやり切ることが求められる。

スポンサーサイト

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
久しぶりに土曜日の試合を観戦しました。
前半はどうなるかと思いましたが、「頑張れー!」って思った時に若手、ベテラン、外国籍選手がうまく噛み合いいい試合だったと思います。
やはりスポーツには普段の生活では感じる事が出来ない興奮や喜びを、子供達には夢や希望を与える力があると思い、元気をもらいました!
2018/04/09(月) 08:29:36 | URL | こちん #-[ 編集]
Re: タイトルなし
前のコメントは誰が書いたか分からなかったけど、やっぱり「こちん」だったのね(笑)。
2018/04/11(水) 06:06:50 | URL | 政純一郎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/2581-a20bcdce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック