NPO法人スポーツかごしま新聞社オフィシャルサイト

ギャラリーショッピング
JACがATRシミュレーター導入(奄美新聞掲載)
日本初のATRシミュレーター導入
負担軽減、効率化に期待

180511ATR01_035
 奄美群島の離島航空路などを運行する日本エアコミューター(JAC)は、パイロットや整備士の訓練機材としてATR型機フルフライトシミュレーター=写真=を日本で初めて導入した。




 約20年前の機種であるSAAB型機のシミュレーターは鹿児島空港にあるが、最新機種であるATRは国内に無かった。パイロットや整備士が訓練する際にはシンガポールまで足を運ぶ必要があった。訓練は約2カ月間と長期に及ぶこともあり、上村徹運航企画部長は「費用や職員の心身にかかる負担などが大きかった。負担を軽減し、より効率的な訓練が期待できる」と話す。
180511ATR02_035
 シミュレーターはカナダのTUR社製で、今年1月にカナダから移送。国の検査などを経て4月から本格的に稼働している。
180511ATR04_035
 ATR機の操縦席を忠実に再現しており、離着陸時にかかるGなどの実際の操縦時と同じ感覚をリアルに体感することができる。鹿児島から奄美など実際の離島運航を模擬体験できるグラフィックシステムも導入されている。雨、風など様々な気象条件だけでなく、世界各地で過去に起きた航空トラブルのデータもインプットされており、想定されるあらゆるトラブルへの対処法を訓練で体感できる。稼働する際のコンピューターもよりコンパクトになり、省エネ化が図られているという。
180511ATR03_035
 JACでは現在4機のATR型機が運航しており19年までに9機体制にする予定。JACの奄美出身パイロットとしては2人目となる竹山翔太さん=写真=は「SAABのシミュレーターに比べると計器類もデジタル化されて新しくなっている。いずれATR機を操縦することになると考えると身が引き締まる」と話していた。

スポンサーサイト

テーマ:鹿児島 - ジャンル:地域情報

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/2631-10c573dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック